iPhoneが防水になる意味

スポンサーリンク

新しいiPhoneの発表が近づいています。今度のiPhoneは、防水になると言われています。いまさら防水?!って思うかもしれませんが、新しい機能をiPhoneが搭載することは、大きな意味があります。

iPhoneが業界の標準を作る

日本メーカーのスマートフォンでは当たり前な防水機能。しかし、海外のスマートフォンではまだまだ珍しい機能です。SAMSUNGのGalaxy S7 edgeなど、一部の海外メーカーのスマートフォンには搭載されていますが、まだ一般的な機能とはいえません。

なぜ、防水機能を搭載しているスマートフォンが少ないのでしょうか。

それは、iPhoneが防水じゃないからです。

iPhoneに搭載された機能は、他社もすぐに真似して飛びつきます。業界の標準を作るのは、やはりiPhoneなのです。

今では一般的な機能になった指紋認証機能も、iPhoneが搭載したことで普及しました。すでに指紋認証機能は、日本の携帯電話には搭載されていましたが、あまり使いやすい機能ではありませんでした。iPhone5sに搭載された指紋認証機能は、ユーザーにとって利便性の高い機能にすることで、これなしでは考えられないという機能になりました。

同じく防水機能も、ないよりはあったほうがいい機能なのは間違いありません。システム的な機能と防水機能を連携させることはできないので、指紋認証よりは便利さを感じにくいかもしれませんが、水没の危険性が減りますので、ユーザーにとっては有難いはずです。

iPhoneに搭載されることで、他社も追随してきます。1年もすれば、スマートフォンは防水というのが当たり前になるでしょう。3万ぐらいで購入できる格安スマートフォンにも防水機能が搭載されれば、ユーザーにとっては非常に有難いことなのは間違いありません。

新しいiPhoneがどんな機能を搭載するのか。それは新しいスマートフォンの標準を作るということなのです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。