レビュー「Spigen iPhone SEケース ウルトラハイブリッド クリスタル クリア」新しいスマホにはクリアケースが1番

スポンサーリンク

  iPhone SEと9.7インチiPad Proが手放せない生活になっています。どちらの端末も本体性能が高いために、何をやるにしてもストレスがないのが素晴らしいところです。iPhone SEのケースは、iPhone5sを購入した時に、2つ購入して余っていた、Appleの茶色のケースを使っています。質感が高くて持ちやすいので気に入っていますが、すっぽりとiPhoneを隠してしまい、iPhone5sとの見分けがつきません。新しいスマホが出た時に、新色を購入するような人は、ガジェットオタクです。さらにスタバに行ってドヤリングするような人でしょう。僕もそういった人間です。新しいガジェットを購入してドヤリング。これこそが至福の喜びなのです。

Appleの茶色のケースでは、ドヤ感がありません。ドヤ感を出すには、クリアケースが1番です。透明のケースなら、外から見えるからです。男なのにわざわざローズゴールドを購入したのです。クリアケースを装着せずに、どうしろというのでしょうか。

iPhone5sのケースが使えるため、非常に多くのiPhone SE用ケースがあります。その中から選んだのはSpigenのケース。ケース選びに迷ったらSpigen。ケース選びの常識に従って、「Spigen iPhone SEケース ウルトラハイブリッド クリスタル クリア」を購入しましたのでレビューします。

同梱されているものは

  
ケース以外何も入っていません。中途半端にフィルムが入っていないのは良い点です。

保護フィルムは別途購入しましょう。

装着した状態

   

  

  

  

  

  

 Spigenらしいキッチリした作りです。無駄のない作りながら、しっかりとiPhone SEを保護してくれます。表面から落ちても液晶面が傷つかないように、ケースの縁がiPhone SEより上に出ています。あまり上に出ていると、画面をタッチして操作するときに支障が出ますが、縁の部分の保護は最小限になっており、左右のタッチ操作に影響はありません。さすがSpigenと言ってもいいでしょう。

実際に使ってみた感想

しっとりとしていて手に馴染みます。クリアケースですと、ツルツル滑ってしまうケースがありますが、Spigen iPhone SEケース ウルトラハイブリッド クリスタル クリアは、しっとりとしていて滑るようなことはありません。片手で操作しやすい、iPhone SEにピッタリのケースです。

裏面を見たときの満足度も高いです。ピンクの色とSEという文字をはっきりと見ることができます。ガジェットオタクには大事なポイントです。裏面がしっかりと認識できるのがクリアケースの良いところ。これならスタバでドヤリングできます。
image

image

側面にSpigenとAIR CUSHION TECHNOLOGYというロゴが入っています。Spigenのケースは側面にロゴが入っています。1番目立たない部分に入っていますが、気になる人は気になるかもしれません。

ドヤリングマンにオススメのケース

iPhoneでドヤリングする時代でもないかもしれませんが、せっかく購入した新しいiPhoneです。少しは話題に触れてほしいと思うはず。愛しのあの子とデートする前に、クリアケースを購入しましょう。数あるクリアケースの中でも、Spigenのクリアケースはオススメです。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。