レビュー「Aukey モバイルバッテリー 3600mAh AiPower lightning入力ポート」Lightningで充電できる軽いモバイルバッテリー

スポンサーリンク

Amazonのタイムセールで、ビックリするぐらい安い値段で購入したモバイルバッテリーをレビューします。1,000円を切るという衝撃の価格でしたが、ただのモバイルバッテリーではありません。モバイルバッテリーを充電するのに、Lightningケーブルを使います。一般的なモバイルバッテリーは、充電するのにMicro USBケーブルを使います。誰が決めたのか分かりませんが、充電するにはmicro USBケーブルというのが、モバイルバッテリー界の暗黙のルールでした。しかし「Aukey モバイルバッテリー 3600mAh AiPower lightning入力ポート」は、Lightningケーブルで充電することが可能です。

わざわざLightningケーブルで充電するようにした意味が分かりますでしょうか。iPhoneを使っている方は、Lightningケーブルだけで全てのことを済ますことができるようになります。モバイルバッテリーを充電するのにLightningケーブルを使い、iPhoneを充電するのにもそのLightningケーブルで済ませます。このモバイルバッテリーを使うと、少しだけ荷物を減らすことができるのです。

同梱されているものは

image

写真のとおりです。Lightningケーブルは同梱されていません。普段使っているLightningケーブルで充電すれば問題ありません。少しでも価格を抑えてくれたほうがいいでしょう。

とにかく軽い

image

実際に使ってみて驚くのは、とにかく軽いということです。本当にモバイルバッテリーだろうかと心配になるほどです。軽くて薄くくて小さいので、鞄に入れておいても邪魔になりません。また、iPhoneを充電しながら使っても、iPhoneといっしょに手で持つことも簡単です。これだけコンパクトだと、モバイルバッテリーとしての使い方も変わってくるかもしれません。

大きさのわりに充電できる

image

これだけ軽いと、ほとんど充電できないように思ってしまいます。実際に使ってみると、スマートフォン1台分は十分に充電できました。

安心の3600mAh容量が一日の活動に必要十分な電力を供給できます。
目安としてiPhone6を1回以上、iPhone5Sを1.5回以上充電できます。

このように公式ページで説明しています。iPhoneを50%ぐらいでこまめに充電すれば、1日分ぐらいはもってくれるでしょう。
image

iPhoneユーザーにおすすめ

image

わざわざLightningケーブルで充電できるようになっているところからも、対象ユーザーはiPhoneユーザーです。iPhoneユーザーは、あまりガジェットに詳しくない方も多いでしょう。Lightningケーブルだけで充電できたほうが、使いやすいはず。iPhoneユーザーにオススメのモバイルバッテリーです。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。