年間1億台以上販売するiPhone

スポンサーリンク

2013年のスマートフォ出荷台数は3,000万台をオーバーしたようです。

2013年第4四半期および2013年 国内携帯電話・スマートフォン市場規模を発表
Appleシェア4割。

全体の4割がiPhoneだとのことですから、1年間で1,200万台もiPhoneが売れていることになります。今の日本で、年間1,200万台も売れるものはiPhone以外にないでしょう。世界全体で見ても、年間に1億台以上、iPhoneが販売されています。1億台販売するということは、1億台生産しているということ。こんなに高品質で高性能な物を、年間1億台も作れるという事実にビックリします。

〈h2〉昨年末からよりiPhoneが売れている日本〈/h2〉
このIDC Japanの調査によると、2014年第1四半期(1~3月)はよりiPhoneが売れていて、Androidスマートフォンが苦戦しているようです。在庫問題へと発展していると書いてありますので、Androidスマートフォンの購入を考えている方には、良い条件で購入できるチャンスが来たかもしれません。

ここ数ヶ月ほど、Androidスマートフォンも使っていますが、どの端末も完成度が高いので、自信を持ってオススメできます。国産のスマートフォンは、あまり良い印象がない方も多いかと思いますが、最近ARROWSを使っていますが、とくに不満はなく、軽快に動いてくれます。きっとどのスマートフォンを購入しても満足できるでしょう。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。