Surface3にSoftbank iPhone5sの黒SIMを挿して通信確認できました。

スポンサーリンク

20150619_165542SIMカードが余っている貴方に朗報です。SoftbankのiPhone5sに使われているSIMカードをSurface3に入れて通信することができました。Y mobileからSurface3が発売されるということで、おそらくSoftbankのSIMカードは使えるだろうと思っていましたが、予想通り大丈夫でした。

iPhoneを購入しすぎて使っていないSIMカードがある方は、Yモバイルで購入するのではなく、大手家電量販でSurface3を購入しましょう。余っている資産を有効活用できます。

Surface3のSIMサイズはnanoSIMです

Surface3にSIMカードを挿す前に確認してほしいことがあります。まず、手元にあるSIMカードのサイズを確認してください。Surface3に挿すことができるSIMカードは、nanoSIMと呼ばれる1番小さいSIMカードになります。少し前のAndroidスマートフォンに多い、micro SIMカードと呼ばれる、nano SIMカードよりも大きいSIMカードはは挿すことができません。

SIMカードのサイズが違っても挿したい方は、SIMカッターでSIMカードをカットしてください。ただし注意してほしいのは、切り方を失敗するとSIMカードが使えなくなりますし、一度切ってしまうと、元々挿していた端末に使うときに厄介なことになる可能性があることを分かった上で切ってください。僕はnano SIMカードに、micro SIMカードアダプターを付けてスマートフォンに入れて失敗したことがあります。SIMカードの挿入を失敗してしまうと、SIMカードが取れなくなりますので気を付けましょう。

APNの設定

Softbank iPhone5sの黒SIMを挿して使うことを想定していないため、Surface3に挿しても使えません。必ずAPNの設定をしてください。この設定をすることで、Softbank iPhone5sの黒SIMを、Surface3で使うことができるようになります。

20150619_165406※キーボードとSurface3の結合面にSIMカードを挿すところがあります。気軽に抜き差しはできません。

20150619_165450 20150619_165505

SIMカードを挿したら、右下のWi-Fiマークをクリックしてください。ここにモバイルブロードバンドという項目があります。

スクリーンショット (3) スクリーンショット (4)

アクセスポイント名(APN):jpspir
ユーザー名:sirobit
パスワード:amstkoi
認証の種類:PAP

上記のように入力をしてください。

スクリーンショット (6)

最初うまく通信することができずに焦りましたが、「自動的に接続する」にチェックマークを入れると、しっかりと認識してくれました。最初は「SoftBank(HSPA+)」でしたが、しばらく経ったら「SoftBank(LTE)」と表示されました。

回線速度は

早速通信速度テストを実施しました。

スクリーンショット (19)

上り
1回目19.96Mbps
2回目16.05Mbps
3回目17.44Mbps

下り
1回目25.0Mbps
2回目30.62Mbps
3回目13.74Mbps

以上のような結果になりました。Surface3はYモバイルで販売ということで、ネットワークはSoftBankのネットワークに最適化してあるということで、これぐらいのスピードが安定してでることを期待してもいいかもしれません。

気を付けなければいけないのは、3日で1GBという規制です。あまりに快適なため、通信のしすぎには気を付けましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。