「iPhone 6s Smart Battery Case」こんなものをAppleが出す必要があるのだろうか

スポンサーリンク

本当にAppleはダメなのかもしれません。目を疑うような新製品が発売されました。iPhone 6s Smart Battery Case」というバッテリー内蔵型ケースです。Lightning端子とケースが接続されることで、iPhoneのバッテリーが長く持つようになるというケースです。

iPhone 6s Smart Battery Case販売ページ

見た瞬間に悪い冗談かと思うようなデザインです。こんなものをAppleがわざわざ出す必要があるのでしょうか。

いまさらバッテリー内蔵型ケースを出されても

バッテリーが内蔵されているケースは、以前よりサードパーティより多数発売されています。今さらAppleが出す必要があるとは思えません。よほど画期的なものなら分かりますが、他の製品と変わらない仕様な上に、終わっているとしか言いようがないデザイン。いまさらAppleが出すのなら、さすがAppleだと唸らすデザインでなければいけません。iPhoneの中に小さいiPadが入っているようにも見えるデザイン。かわいいと言えばかわいい気もしますが、美しいiPhoneのデザインを台無しにしてしまっています。

iPhoneのデザインが年々ダメになっていく上に、ケースまでゴテゴテしてきました。いったいAppleは何処へ向かっているのでしょうか。しかも、この時期に出す理由もよく分かりません。本来なら、iPhone6s/6s Plusと同時に発表しておくべき製品です。色々トラブルが合ってうまくいかなかったのでしょうか。何かがAppleの中でうまくいっていないとしか思えません。

今後のAppleがますます不安になる新製品でした。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。