この夏はSurfaceがデジタル業界の主役

スポンサーリンク

予想通り、日本でもSurface Proが発売されることが決定しました。Surface Proだけではなく、先日発表のあったSurface Laptop、Surface Studioも、日本で発売されます。ようやくMicrosoftのSurfaceが、日本でもフルラインナップになります。ユーザーがPCに求めているものに、しっかりと応えたラインナップです。

【大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」】米Microsoft Surface担当副社長に聞く、新Surface Proが「5」でなかった理由 ~Surfaceは”日本のモノづくり”のこだわりが反映された製品 – PC Watch

アメリカのSurface担当副社長のインタビューが、PC Watchに掲載されています。このインタビューを読むと、僕らがデジタルデバイスに求めていたもの全てが、新世代Surfaceには凝縮されていることが分かります。

Surface Laptopのディスプレイを指1本で開けることができるという点だけでなく、閉めたときに、その音を聞いてもらうことです。「パタッ」というこの音は、エレクトロニクス機器の音というよりも、豪華な本を閉じたときのような感覚です。そこまでSurface Laptopの質感にはこだわっています。これは、Surface Laptopのモノづくりにおいて、重要なポイントでした。

Surfaceシリーズ初のラップトップ、Surface Laptopに関する説明ですが、僕らがAppleに求めていたことを、Microsoftが形にしています。Appleには敵わないと思っていた質感も、どうやらMicrosoftが追い越してしまったようです。Surface Pro3ぐらいまでは、まだまだハードを作り慣れていないところが見受けられましたが、2016年末に登場したSurface Studioから、完全にAppleを抜いてしまいました。

見るに耐えない粗い液晶のMacBook Airを未だに販売し、USB Type Cポートがひとつしかない、使い勝手の悪いMacBookを発売。そのMacBookに搭載されている、ペタペタして打ちにくいキーボードを採用したMacBook Pro。パソコンに求められていないものを形にした結果、MacからWindowsに乗り換える人が増えています。

PCは道具です。道具は様々な使い方が出来たほうが便利でしょう。タッチなんていらない、ペンなんていらない。そういったユーザーも多いかもしれません。それでもMicrosoftはタッチインターフェイスをPCに搭載し続けています。タッチインターフェイスは、無くてもいいけどあったら便利な機能です。OSを作り続けているメーカーが、ハードも作るようになったことで、懐の広い道具が出来上がっています。

次世代iMacなんて呼ばれるSurface Studio。日本での販売価格は384,800円からです。iMacの最上位モデルより高い価格で、いったい誰が買うんだろうかと思いますが、それでも欲しいと思わせる何かがSurface Studioにはあります。

この夏、新世代Surfaceが街の売り場に並ぶことで、PC業界が活気づくでしょう。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。