通話まで格安になりつつある格安SIMカード

IT
ITNewsSIM

スマートフォン業界のニュースは、連日連夜格安SIMカードと呼ばれる、MVNOのニュースばかり。以前までは、データ通信関係のニュースばかりでしたが、最近は通話関係のニュースが増えてきました。

3大キャリアは通話定額が基本になっている今、格安SIMカード最後の課題ともいえる、通話関係にも施策が出てきました。

U-mobile、10分300回まで通話料が無料になる新サービス「U-mobile SUPER」を発表 | juggly.cn
5分じゃなくて10分というのがいい。

mineoに専用帯域で優先通信「プレミアムコース」、アプリ不要の通話定額パックも – ケータイ Watch
30分か60分間は定額の2つ。

通話強化に踏み切るMVNO「楽天モバイル」にインタビュー – ケータイ Watch Watch
5分まで通話定額

FREETEL、定額で通話し放題の「FREETELでんわ」パッケージ版を発売 – ケータイ Watch
1分と5分の通話定額

こうやって見てみると、大手のMVNOは通話定額に力を入れてきているのが分かります。マニア向けのイメージが強かった格安SIMカードですが、いよいよ一般化するにあたって、最後の壁を乗り越えようとしています。

なんやかんや言っても、通話機能を使っているユーザーがほとんどです。普通に電話をするという行為が、定額になるというのは大事なことなのでしょう。

スポンサーリンク

10分定額のU-mobileが良心的か

3大キャリアのかけ放題で、安いほうのプランは5分定額です。5分を過ぎると別途通話料金を取られてしまいます。5分という時間が絶妙で、話が盛り上がると5分を超えてしまいます。絶妙なラインで線を引いている会社ばかりの中、U-mobileは10分まで定額です。10分を300回なら、追加料金を払うことなく使えるでしょう。

相変わらず3大キャリアはユーザー目線じゃない中、通話に関しても格安SIMカードがユーザー目線の提案をしてきてくれそうです。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました