Android7.0はもっと評価されてもいいと思う

スポンサーリンク

iPhoneだけだった時代から、iPhoneとAndroidの2台持ちの時代です。どちらも毎年バージョンアップしてきたことで、どちらが優位ということもなくなりました。ただのガジェット好きのため、結果的に複数台持っているという状況です。

メインで使っているAndroidスマートフォンは、Huawei P9です。手に入れた当初、OSのバージョンはAndroid6.0でしたが、バージョンアップして7.0になりました。

最近のスマートフォンのバージョンアップは、何が変わったのか分からないというレベルですが、Android7.0は違いました。

マルチウインドウという機能が追加され、2つのアプリを同時に使うことができるようになりました。

Androidは独自の仕様を盛り込むことができるので、すでに同等の機能を搭載しているスマートフォンもありましたが、OSレベルでしっかりと対応してくれたことに意味があります。

大画面化の意味がある

年々画面が大きくなっているスマートフォン。片手で持てるようにするため、これ以上横に大きくすることができません。

どんどん縦に画面が大きくなっていますが、長くなった縦の大きさを活かしきれているとは言えません。Twitterのタイムラインが見やすくなったり、Webページが見やすくなったぐらいでしょう。

そんなスマートフォンの無駄な高機能化を、Android7.0は有効に活用できるようになりました。

それがマルチウインドウという機能です。アプリを2つ同時に表示できる機能ですが、横2つだけではなく、縦に2つアプリを並べることもできます。

この縦に2つこそ、iPhoneにはない優位性です。

画面の大きさをまったく活かしきれていないPlusのiPhone

iPhone7からiPhone7 Plusに買い換えました。単純に画面が大きくなったことの恩恵は大きいのですが、それ以上でもそれ以下でもないという印象です。

画面を横向きにしたときに、専用のUIが使えるようになりましたが、積極的に使おうとは思いません。やはりスマートフォンは縦持ちが基本で、横向きに持たないからです。

結局縦持ちで使いますが、iPhone7より縦に大きくなって画面が見やすくなっただけです。縦の長さを活かしきれているとはいえません。

iPadにSpiritViewという機能があります。2つのアプリを同時に使える機能ですが、この機能を何故iPhoneに搭載しないのでしょうか。

iPadのSpiritViewは、横に2つしか並べることはできません。縦持ちをしても横持ちをしても、横に2つしかアプリを並べることができません。画面の縦横比が4対3なので、縦に並べる必要性がないという判断なのでしょうか。

iiPhone7 Plus限定で、縦に2つアプリを並べられるようにしてほしいものです。

本体性能はいいのに、それを活かしきれない。最近のAppleはそんな感じのプロダクトが多いように思います。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。