Windows RTの未来は暗い?!ASUSがWindows RTの開発から撤退。

スポンサーリンク

ASUS(エイスース)のCEOが(Jerry Chen氏)、Microsoftのタブレット端末向けOS、WindowsRTは失敗だったと言っています。

Asustek Pulls Plug on Windows RT Tablet – WSJ.com
今後どうなるのだろうか、、、

どうやら、Windows RTを搭載するタブレット端末の開発から撤退する意向のようです。これだけ売れていなければ仕方がないとは思います。ただ、「Windows RT」から撤退するだけで、Windows8から撤退する訳ではないので(この説明がすでにややこしい)、ASUSからWindowsマシンが出なくなるという訳ではありません。

そもそもMicrosoft自身が2種類のSurfaceを出してしまったのが、根本的な問題かと思います。「Windows RT」と「Windows8」では、搭載されているCPUが違うため、2つに分けたんだと思いますが、Windows RTだけでなく、Windows8にもMetro UIを使ったスタート画面を使ってしまったことが、混乱の元ではないでしょうか。

Metro UIを使いたい気持ちも分かりますが、Windows RTはスタート画面から、Windows 8は、見慣れたデスクトップ画面から。このような住み分けをすれば、もう少し混乱も減ったのではないかと思います。

このままいくと、Windows RTはなかったことになり、SurfaceもPROだけになりそうです。そういったこともありますし、Windows8を検討中の方は、Windows RTではなく、フル機能のWindows8を購入されたほうが良いでしょう。Windows RTでは、使えるソフトも少ないですし、Windowsの資産を活用できるフルサイズのWindows8をオススメします(この説明がすでに分かりにくい)。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。