Google Readerサービス終了迫る。feedlyがクラウド化。

スポンサーリンク

Google Readerのサービス終了が近づいております。GmailやGoogle Mapを使っているときに表示される選択肢の中にもGoogle Readerが無くなっていますし、Googleのサービス一覧ページからもGoogle Readerが消えています。

「Googleリーダー」代替サービスの「Feedly」が「Feedly cloud」を公開
いまだにコレと決められない。

そんな中、Google Readerの代替えサービスに注目が集まっています。僕も様々なサービスを試しているのですが、どうもしっくりくるサービスがありません。

サービスにしっくりこないというより、今使っているiPhoneとiPadとMacのGoogle Readerアプリが、様々なRSSサービスのどれかに対応してくれれば、それで解決します。しかし現在のところ、あまり対応していないため、そのRSSサービスをしている会社の純正アプリの完成度がイマイチ。そろそろコレだというアプリの登場を期待したいところです。

Reederが何に対応するか

Apple製品を使っている方は、Reederというアプリを使っている人が多いと思います。

このReederが、feedly等のRSSサービスに対応してくれることを願うしかありません。先日Reederは、ローカル対応はしてくれましたので、Google Reder以外のクラウドRSSサービスに対応してくれるのを願うばかりです。

いっそのこと、この際RSSも整理し、本当に厳選したもの以外は読まないようにし、ローカル対応でも良いかなぁとも思っています。皆さんはどうしているのでしょうか。

RSSリーダーのFeedly、Google Readerからの「独立」を完了 -INTERNET Watch
feedlyクラウドがスタート。

feedlyがクラウド化されたようなので、Reederがfeedlyに対応してくれれば、僕の悩みも解決しそうです。Google Reader終了まで、あと10日。RSS関係のサービスが騒がしくなりそうです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。