東芝「dynabook」2015年春モデル発表。もう少しで1kg切り

スポンサーリンク

東芝さんもう少しです。あと一歩頑張ってくれれば、、、1kgを切れたのに。

PC Watch記事:東芝、BroadwellやOffice Premium採用を拡充した「dynabook」ノートPC春モデル

東芝が「dynabook」の2015年モデルを発表しました。東芝といえば、「KIRA」という薄型軽量ノートパソコンがあります。なかなか質感も高く、それでいてハイスペックというノートパソコン。ただ、持ったときにわりと重く感じます。もう少し軽ければ最高なのにという印象でした。

今回東芝が発表した「dynabook KIRA」の非タッチパネルモデルは(V73/PSとV63/PS)、重さ約1.1kg。かなり頑張ったとは思いますが、あと一歩です。もう少し頑張れば、1kgの大台を切ることができたのに。この性能で1.1kgというのも充分軽いほうですが、1kgオーバーと1kg切りでは、持ったときの感じ方が全く違います。

昔の日本メーカーは、もっと軽さに拘っていたと記憶しています。最近はありきたりのパソコンばかりで、少々面白みにかけるパソコンばかりのような気がします。昔のように、尖ったパソコンが出てくることを期待したいところです。



 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。