朗報!?悲報!?ASUS Eeebook X205TAに新色追加&ストレージ64GB化

スポンサーリンク

予想通り、「」に新色が追加されました。さらには新色の追加だけではなく、ストレージ容量が64GBに変更されました。概ね満足できる性能のASUS Eeebook X205TAでしたが、一番の弱点であったストレージ容量が64GBになったことで、誰にでも勧めることができるノートパソコンになりました。

64GBになれば弱点は解消

ITmedia PC USER記事:ASUSの“3万円台で1キロ切り”11.6型ノートPCがストレージ倍増――「EeeBook X205TA」

X205TAのストレージ容量が64GBになれば、おそらく50~45GBは空き容量があるでしょう。これだけストレージ容量が空いていれば、ソフトウェアを入れることには躊躇しなくなります。これで普通のパソコンと同じような感覚でX205TAを使うことができるでしょう。ただし、あれもこれもファイルを貯めていくと、すぐにストレージ容量がいっぱいになってしまいます。作成したファイルなどは、速やかに「microSDカード」に移しましょう。

ホワイトが一番コストがかかっているか

今まで発売されたいたダークブルー(X205TA-B-DBLUE)に、レッド(X205TA-B-RED)とホワイト(X205TA-B-WHITE)の2色が追加されました。レッドとダークブルーは、キーボードの色がブラックです。おそらく同じモノが使われています。ホワイトのみ、キーボードの色までホワイトになっています。わざわざ色を統一させた、ホワイトだけのキーボードカラーになっています。コスト的には一番ホワイトがかかっているでしょう(微々たるものだとは思いますが)。

ストレージ容量が64GBになった「EeeBook X205TA」は、2月20日発売で、予想実売価格は3万4800円前後(税別)のようです。昨年の12月に発売されたときも、3万円中盤ぐらいの価格ですが、徐々に価格が下がって税込3万ぐらいになりました。そう遠くないうちに、今回の新型も、3万円程度になるのではないでしょうか。もし税込3万になったら、迷わず買う価値はあるでしょう。スマートフォンを持っている上にタブレットを購入するより、間違いなく「EeeBook X205TA」を購入したほうが幸せになれるでしょう。

ASUS Eeebook X205TAの使用レポートはこちらから
○X205TAを使った印象:軽さは正義「ASUS Eeebook X205TA ダークブルー」レビュー~第一印象編~
○X205TAのハードウェアチェック:レビュー「ASUS Eeebook X205TA」~ハードウェア編~

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。