ASUS初のスティック型PCがCherryTrail搭載

スポンサーリンク

最近にわかに熱いものといったら、スティック型PCじゃないでしょうか。まだまだ一般的にはなっていませんが、スティック型PCが発売されては、すぐに完売になっているような状況です。

PC Watch記事:ASUS、初のCherry Trail採用スティックPCを展示

ついにASUSからスティックス型PCの大本命ともいえる製品が登場します。

CherryTrail搭載

相変わらずBayTrail搭載PCばかりで、CherryTrail搭載ノートパソコンは、Surface3一択といった状況です。いきなり1発目で大本命が出てしまった今、あえてノートパソコンやタブレットではなく、スティック型PCに搭載してきたのは最善の選択かもしれません。

搭載されるチップが、Atom X5なのか、Atom X7なのか不明のようです。価格が150ドル前後ということですから、もしかしたらAtom X5になるかもしれません。最近のASUSの値付から推測すると、日本発売時の価格は、20,000〜25,000円になると予想します。

このスティック型PCは、micro SDカードを挿すことができます。大容量のmicro SDカードを挿しておけば、出張先のホテルの液晶テレビのHDMI端子に差し込むことで、サッと仕事や様々なコンテンツを楽しむことができます。

ついに128GBのmicro SDカードが1万を切ってきました!

こういった超小型のPCが続々と登場していますが、それを使うための周辺機器があまり進化していません。もっと小型のマウスやキーボードが出てきてもいいように思うのですが、、、これぞという小型の周辺機器が登場しないため、結局はノートパソコンのほうがいいという結論になってしまいます。

PC Watch記事:ASUS、USB 3.1 Type-C搭載のCherryTrail 2-in-1タブレットを展示~第6世代Coreプロセッサ搭載4Kノートも※記事最下部にChromebook Flipの詳細あり

スティック型PCを活かす周辺機器がない状況では、ASUSが同時に発表したノートパソコンたちのほうがいいのかもしれません。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。