スマホ市場は思っている以上に儲かるのか。ウイルスソフトもスマホが主流?!

スポンサーリンク

日経新聞の記事で気になった記事があった。

「トレンド、1~6月純利益46%増 スマホ向け伸びる」

ウイルスソフトで有名なトレンドマイクロが、スマホ向けのウイルスソフトで、今年前半の売上げを46%も伸ばしたようだ。46%とは結構な数字。普通にパソコンのウイルスソフトだけでは、これだけの伸びは不可能だろう。これだけ大幅に伸びた要因は、スマートフォン向けのウイルスソフトが好調だったからとのこと。

iPhone向けのウイルスソフトというのは、リリースされていないので(iPhoneの仕組上、そのようなアプリを使いようがない)、Android向けのウイルスソフトというのは、かなり需要があるのだろう。

トレンドマイクロのページで調べてみたが、一年版の価格が¥2,980。1ヶ月あたり約248円と書いてあるが、年単位でのライセンス購入ということで、アプリの単価としては高額な¥2,980が一気に入ってくることになる。これだけスマートフォンが普及してくると、ウイルスソフトを購入する方も多いだろう。とくに周りがスマートフォンを持ち出したから、という理由で購入するユーザーほど機械に疎い。ということで、よりウイルスソフトが売れる状況になってきたと思われる。

今後ますますAndroidのスマートフォンの台数は増えていく見込み。今までパソコン向けに作られていたウイルスが、どんどんスマートフォン向けに変わっていく。そうなるとますますスマートフォン向けのウイルスソフトが売れていくだろう。

しばらくは、トレンドマイクロの業績は下がることはなさそうだ。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。