僕が見ているタイムラインと違うことに気づいた夜

スポンサーリンク

ほろ酔い気分で世界が浮ついているように見えるとき、偶然目に入ったスマートフォンの画面に映るタイムラインに違和感を感じた。

これ本当にTwitter?

僕が普段見ているTwitterのタイムラインとは明らかに違ったからだ。フォローする人によって、表示されるものが違う。使う人によって変わるのがTwitterの特徴だ。そんなことは重々承知だが、明らかに自分とは違うタイムラインが目に入った時、頭をガーンと殴られたような気分だった。

僕のタイムラインは、会ったことがない人の投稿がほとんど。顔も名前も知らないような人たちが、最新情報をバンバン教えてくれる。僕が知りたい情報を、テレビのニュース速報より早く教えてくれる。

ところが、偶然目に入った若い女性のタイムラインは違った。同じぐらいの年代の男女が、楽しく盛り上がっている写真や動画が満載で、とても同じサービスを使っているとは思えなかった。

きっとこのブログを読んでいる方の多くは、僕と同じようなタイムラインだろう。下手なニュースサイトを見るより、Twitterを見たほうが早い。このスピード感こそがTwitterだ。

ところが、目の前にいた若い女性に表示されているタイムラインは違う。身近な人々の「なう」を知るためのタイムラインだった。

「インスタ映え」するかしないか。いい写真かどうかの新基準だ。SNSが一般化したことで、SNSの使われ方が大きく変わってしまった結果、そうならざるを得なかったのだろう。身近な友人に見せるためのサービスなのだから、よりインパクトの強いものを投稿したくなる。友人の誕生日にサプライズをしたくなる気持ちと同じだ。

その結果、どうしても過激なほうにいってしまうのは防げない。自分が同じ時代に若者を生きていたのなら、きっと同じことをしていただろう。純粋に友達を喜ばせたいと思っただけだから。

僕ら枯れた大人は、その気持ちを理解してあげることも必要だろう。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。