今日もPixel6aの音声入力から書いています。

音声入力が優れているのは、これまでにもブログに書いてきました。とは言いましても、音声入力も完璧ではございません。

やはり誤字脱字はあります。

そういった時に、細かい文字修正のしやすさが大事になってきます。

幸いAndroid は矢印キーで左右に関する動かすことができます。Pixel 6 A をgboard が搭載されていますので、もちろん左右の矢印でカーソルを移動させることができます。

これが iPhone ですと、カーソルを直に移動させるか、空白キーを長押ししてからのカーソル移動になります。

空白キーは画面右端にあるので、ここから左右にカーソルを動かすのはしんどいです。左へのカーソル移動ならしやすいですが、右には一回左にやってから右に動かさないといけないので、あまり使いやすいとは言えません。

十字キーをソフトウェアキーボード内に配置ればいいだけですが、iPhone は頑なにそれをやろうとしません。

今後も期待できそうにありません。素直にPixelを使いましょう。

最近購入したもの

とても満足しているPixel6a。 大事に使いたいので、画面を保護するガラスフィルムを購入しました。 割と、フラットなディスプレイ形状なので、端が浮いてくるようなこともなく、画面表示される部分はきっちりと保護されています。

やっぱりスマホのディスプレイは、フラットが一番。

Galaxyのペンが使えるUltraも、 フラットになってくれると良いのですが。

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です