長期レビューKindle(最下位モデル)使用日数180日

スポンサーリンク

そろそろ新型が出そうなKindleシリーズですが、1番安いKindleを購入してから180日が経過しました。毎日鞄の中に入れて使っているということは、それだけ満足しているからです

とくに凄いところはないけど、本を読むのに不足はない。

目立たないけど、無くてはならない道具です。今さらではありあますが、Kindleの良いところを語ります。

安いのでケースいらず

スマートフォンやタブレットといった端末は、ケースやカバーを付けると重くなります。Kindleシリーズにも、たくさんのケースが発売されています。1万を越すKindle Paperwhite以上のモデルだと、落としたときのことが気になるので、少々重くなってもケースを付けてしまうでしょう。しかし、1番安いKindleならケースは要りません。落として傷がついたとしても、あまり気になりません。

数千円で買えるのに、数千円もするケースをつけるぐらいなら、数千円で新しいKindleを購入しましょう。

Amazonプライム会員なら、販売価格から4,000円引きの4,980円で購入できます。この価格なら、落として壊れても、買い換えればいいという気持ちになれます。

ケースをつける必要が無いので、本体の軽さが際立ちます。131gという重さは、紙の本より軽いです。その本だけしか読むことができない紙の本とは違って、Kindleなら何百冊という本が、131gの端末の中に詰まっています。

長時間読書をするためにも、ケースは付けずに使いましょう。

バッテリーがもつ

Kindleシリーズ全てに言えることですが、バッテリーがかなり持ちます。基本的に充電を意識することはありません。バッテリー残量が減っているのに気づいたら、30分ぐらい充電しておきましょう。これで3、4日は充電不要です。

ほとんど充電をしなくていいので、紙の本に近い感覚で本を読むことができます。

スマホやタブレットのバッテリーを節約できる

スマホやタブレットのKindleアプリでも本を読むことができますが、スマホやタブレットで本を読むと、厄介な問題が生じます。

本を読む=画面を常時表示

常に画面を表示させておくことになるので、バッテリーがミルミルと減ります。スマートフォンやタブレットで、バッテリーが1番減るのは液晶です。本を読むだけですが、画面を常に表示してしまうため、どうしてもバッテリーが減っていきます。

本を読んでバッテリーが減ってしまうと、いざという気に、スマホやタブレットが使えないということもあります。

充電する手間を考えると、Kindleで本を読んだほうがいいでしょう。Kindleならバッテリー切れの心配はありません。Kindleで思いっきり本を読みましょう。

ディスプレイは綺麗

1番安いKindleで不安なのは、画面の解像度です。

Kindle Kindle Paperwhite
解像度 167ppi 300ppi

数字だけ見ると、かなり解像度が違います。iPhoneやiPadのRtinaディスプレイに慣れてしまった今、Kindleのディスプレイで大丈夫なのでしょうか。

ずっとKindleを使っていますが、この解像度で十分です。上位機種のKindleと比べれば、たしかに文字は粗いです。比べれば粗いのが分かりますが、1番安いKindle単体だけ見ると、ほとんど気になりません。文字の大きさを下から4か3にして読めば、文字の粗さは気にならないでしょう。

液晶とは違う電子ペーパーのおかげで、解像度のわりには高精細な文字に感じます。

暗いところで本を読まない

上位機種のKindleとの決定的な違いは、バックライトがないことです。画面にバックライトがないので、暗いところだと文字が読めません。画面自体が明るくならないので、光があるところでしか本を読めません。

これについては諦めるのが1番。暗いところでも本を読もうとするのではなく、暗いところでは本を読まない。そう割り切ってしまえば、バックライトは不要です。

寝る前にベッドで本を読みたいという方は、Kindle Paperwhiteを購入しましょう。

今買っても問題なし

そろそろ新型のKindleが発表されそうな気もしますが、出るならKindle Paperwhite相当のモデルだと思われます。1番安いKindleは、昨年新型モデルが出ているので、欲しい方は買ってしまってもいいでしょう。

もし新型が出てしまっても、プライム会員なら4980円です。まいっかと思える損失です。スマホやタブレットとは別に、読書専用端末を持っておくと、Kindleの素晴らしさが分かるでしょう。

個人的には白のKindleが好きです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly