ARM版Windowsが出るなら、ARM版Macもありえる。

スポンサーリンク

2017年も終わろうとしていますが、Macの未来は不透明です。Windowsが着々と進化しているのに対し、Macに大きな変化はありません。それだけ完成度が高いという証でもありますが、WindowsがMacと肩を並べるところまできました。

肩を並べたどころか、Macの先を行こうとしています。ARM版Windowsを発表しました。バッテリーが20時間もつという、耳を疑うような発表をしました。さらにスマートフォンでは当たり前の、常時接続まで取り入れます。

2018年にノートPCを再定義する勢いです。進化のなかったノートPCが、ようやく新しい道へ進もうとしていますが、Macはどこへ行くのでしょうか。

iPhoneのチップセットを搭載したMac

最近パタリと噂を聞かなくなりましたが、数年前によく出た噂がありました。

iPhoneのチップを搭載したMacBookをテストしている

まだプロセッサ性能が低かったので、噂で終わっていましたが、MacBookに搭載されているチップセットを超えるベンチマークを叩き出している今、ARM版Macの登場が近いように思います。

iPhoneのチップセットをMacに搭載すれば、ARM版Windowsと同じように、バッテリー駆動時間も伸びるし、常時接続も可能になるはず。すでに性能的に微妙な12インチMacBookが存在しているので、あまり性能が高くないMacを受け入れる土壌もできています。

いや、A11チップを搭載したMacBookなら、現行12インチMacBook以上の性能もありえます。そんなMacBookが登場したら、みんな飛びつくでしょう。

2018年は迷わず買いたくなるMacの登場に期待しましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。