Macにタッチパネルが搭載されることはないことが、新型MacBook Proから分かる

スポンサーリンク

新しいMacBook Proが発表されました。かなり待たされてしまったので、新型への期待値が上がりすぎてしまいました。それだけに残念な発表会でした。目新しいものは、Touch Bar(タッチバー)が搭載されるというだけ。事前に噂されていたとはいえ、驚きはなかったといえます。

なぜタッチバーがイマイチなのでしょうか。ファンクションキーにタッチできるものを搭載するのなら、画面をタッチできるようにすればいいだけだからです。

Macにタッチパネルが搭載されないのは、一番手前にトラックパッドがあるからです。トラックパッドで快適な操作ができるのに、画面まで手を伸ばすのが煩わしいからです。それなのに、ファンクションキーにタッチして操作するものを搭載してしまったら、この理論が破錠してしまいます。

キーボードの良いところは、キーボードを見ずに操作ができることです。しかし、新型MacBook Proに搭載されたタッチバーは、物理的なボタンではありません。ソフトウェアによってフレキシブルに変化する、ソフトウェアキーボードです。タッチバーを見ずに操作するのは、ほぼ不可能でしょう。操作ができるスペースも非常に狭いため、どうしても慎重にタッチすることになります。手元を見ないと操作ができないものを、わざわざここに搭載する必要があるのでしょうか。

タッチパネルが搭載されることはない

今回の新型MacBook Proの発表から分かることがあります。Macにはタッチパネルは搭載しないということです。これだけタッチディスプレイが当たり前の中、わざわざタッチバーを搭載するということは、今後もMacにタッチパネルが搭載されることはないということです。

画面をタッチして操作ができれば、ファンクションキーにタッチをして操作ができるものを搭載する必要はありません。タッチバーという新しい機能を搭載したことで、Macにタッチパネルが搭載されることはないでしょう。iPhone・iPadの素晴らしいエクスペリエンスが、うまくMacに引き継がれていません。素晴らしい資産を活かしきれないAppleの現状に、歯がゆさを感じてしまう秋の朝です。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。