MacBook AirのRetinaディスプレイモデルの噂が、、、画質の向上より、もっとAirに!

スポンサーリンク

最近Apple関係の噂といったら、iPhone5SとiPad5とiPad mini Retinaの話題ばかり。スマートフォンやタブレットも気になるけど、やっぱりノートパソコンの次がどうなるかが知りたい。そんなところに、このニュースが

Apple、Retinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」を今年第3四半期に発売か?!
Retinaより、もっと薄く軽くが欲しい。

今年の夏ぐらいにMacBook AirのRetinaディスプレイモデルが発売されるという噂です。今年の夏に時期モデルが出るのは、インテルのCPUのバージョンアップスケジュールから考えても妥当な線です。ただ少し前まで、MacBook Airの、Retinaディスプレイモデル化は、今年中にはないと言われていました。それが、今年出るという噂が。

少し難しい話しになりますが、現在のMacBook ProのRetinaディスプレイモデル13インチは、チップセット内蔵のGPUでRetinaディスプレイモデル化していますので、MacBook Airでもやろうと思えば実現できそうです。ただ、MacBook Proより、MacBook Airのほうが本体が薄いので、バッテリー容量が心配になります。今のMacBook Airのバッテリー持続時間より、下げて発売することは考えられないので、今の筐体の大きさと薄さと軽さを実現したまま、バッテリーの消費電力を抑えることで、Retinaディスプレイモデル化するのでしょう。

ということは、従来のMacBook Airより省電力にすることができる訳です。Retinaディスプレイモデル化することで、今より液晶の電力消費量が増えますが、それを帳消しにできるということ。でも、その省電力技術を、Retinaディスプレイモデル化に使わず、今のままの液晶の解像度で、バッテリーの持ちを2倍にするモデルか、もっと薄く軽いMacBook Airが欲しいのは、僕だけでしょうか?

勿論、Retinaディスプレイモデルの綺麗さも知っています。でも、iPhoneやiPadと違い、MacBook Proのようなノートパソコンでは、そこまでRetinaディスプレイモデルの恩恵を受けてないように感じます。より綺麗な画面もいいのですが、バッテリーの充電を気にしなくてもいいノートパソコンというのは、意外に需要があると思います。Appleさん、バッテリーの持ちが2倍のモデルも検討してください(笑)

APPLE MacBook Air 1.8GHz Core i5/13.3/4GB/128GB MD231J/A
APPLE MacBook Air 1.8GHz Core i5/13.3/4GB/128GB MD231J/A

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク


軽くて安いノートPCあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。