今度こそ本当にくるか。新型MacBook Air発売の予兆あり

スポンサーリンク

待てど待てど春は来ず。何度僕らはアイツに惑わされたでしょうか。今や世界で一番新型を待望されているノートパソコンになってしまった「MacBook Air」。それもそのはず、ここ数年はマイナーアップデートばかりだからです。他社が続々と高解像度のノートパソコンを発売する中、MacBook Airだけが荒くて、視野角の狭い液晶のまま。高解像度液晶は「MacBook Pro Retina」があるからかもしれませんが、誰よりも先に高解像度化を推し進めてきたのはAppleでした。だとしたら、「MacBook Air」も、当然高解像度液晶に変えるべきでしょう。

長い間噂が出ては肩透かしを喰らってきましたが、今度こそ本当に新型MacBook Airがくるのかもしれません。

在庫調整=新型

Apple、「MacBook Air」シリーズの現行モデルの在庫調整を開始か

どんな噂より確かなものがあります。現行モデルの在庫を調整するときは、新型が出るということです。在庫を調整して、そのまま廃盤になってしまう製品もありますが、これだけ売れているMacBook Airは廃盤にはなることはないでしょう。在庫が減るということは、新型の発売に向けて、現行モデルの生産をしていないということです。

MacBook Airの生産調整が始まったということは、いよいよ新型がくるということでしょう。ただひとつ心配なのは、、、、

Apple、2月24日に「MacBook Air 11/13インチ」のアップデートを予定か

またまたマイナーアップデートで、僕らが待っていたMacBook Airではないものが来そうなのが、、、またまた僕らは肩透かしを喰らうのでしょうか。それとも夢にまで見た高解像度MacBook Airの登場でしょうか。そう遠くないうちに、僕らの未来が判明することでしょう。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。