Yosemiteが10.10.3にバージョンアップして良くなったので、MacBookの整理をしよう

スポンサーリンク

この週末には、新しいMacBookでブログを書いている予定でしたが、Apple Store店頭での販売なしという状況に、肩透かしを喰らいました。一応ネットでの予約は完了しているので、もうしばらく待ちたいと思います。

そんな状況ではありますが、センジツアップデートされたYosemiteがなかなかいい感じです。10.10.3になる前のYosemiteは、使っていてとにかくストレスが溜まる完成度の低さということもあり、Windowsパソコンのほうを多く使うようになっていましたが、10.10.3でMacらしいスムーズさを取り戻してくれたので、今一度Macをしっかり使おうという気持ちになりました。

全体的にスムーズになった

10.10.3になって一番変わったなと感じたのは、とにかくスムーズになったということです。Webページのスクロールや、様々な操作がスムーズになりました。本来のMacはこのスムーズさが当たり前だったのですが、どうも最近のOSはやや引っかかる感じがありました。それが10.10.3になっただけでここまでスムーズになるとは。まだやや引っかかるときもありますが、もしかしたらOSを再インストールすることで直るかもしれません。ここまでOSの使用感がいいと、より完璧な状態に持っていきたくなります。Time Machineでバックアップも取っているので、Time Machineから復元をしてみようかと思います。

Safariがいい

昔のSafariは使っていて気持ちのいいブラウザーでした。それが、ここ数年のSafariは、年々悪くなっていたように思います。Yosemiteになってから、公衆無線LANへの接続がうまくいきませんでしたが、10.10.3になったSafariは、本来のSafariらしい軽快感を取り戻してくれました。このレベルのSafariなら、メインブラウザーとして使っていきたいと思わせてくれます。

久しぶりにiPhoneも使いたくなった

ここまでYosemiteの完成度が上がってくると、久しぶりにiPhoneも使ってみたくなりました。iOSのほうもバージョンアップし、iOS8.3になりました。本日Apple StoreでiPhoneを久しぶりに触りましたが、とてもスムーズな操作感で、やっぱりiPhoneはいいなぁと思わせてくれました。

新しいMacBookも手元に来る日も近いことですし、再度iPhoneの購入を検討してみてもいいかなぁという気持ちです。新しいMacBookとiPhoneを連携させて、昔のようなAppleらしいストレスフルの環境を構築させてみようかと思います。

OSの出来が良くなったからこそ新しいMacBookがほしい

ここ1年ぐらいは、Appleに対する不満ばかりを書いていましたが、10.10.3になったYosemiteの使用感がいいため、久しぶりにApple熱が上がっております。だからこそ、1日でも早く新しいMacBookを手にしたいのですが、、、今はグッと我慢して、手元にある13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの環境を整えて、新しいMacBookが届くのを待ちたいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。