レビュー「新しいMacBook」モバイル編〜新しいMacBookは最強モバイルマシン。

スポンサーリンク

新しいMacBookのある生活2日目です。Macを長年使っているので、とくに目新しいことはないのですが、この軽さを手に入れるためだけに、「新しいMacBook」を購入する価値があります。重さが1kgを切ってくると、手に持ったときの感じ方がまったく違い、今までのMacbookでは感じられない感覚です。MacBook Air13インチモデルを手に持ったときは、重くはないけど、軽くもないという感じですが、新しいMacBookは手に持った瞬間に軽いと感じます。

MacBook AirでモバイルPCのスタンダードを作り上げたAppleですが、新しいMacBookの登場で、モバイルPCを再定義するでしょう。

軽くて薄くて美しい

cplAQXwkE+3uKaKwD8VaElyzZZfMYLr

新しいMacBookは、1kgを切った初のMacです。1kgを下回るノートパソコンは、すでにいくつか発売されています。レッツノートRZ4、LaVie Z、VAIO Proなどのノートパソコンが、重さ1kgを切っています。新しいMacBook以上に軽いパソコンもありますが、薄さと美しさでは敵いません。オールアルミボディで作られた新しいMacBookは、他の軽量ノートパソコンと比較にならないぐらい美しい。コンパクトで薄い上に、圧倒的な質感を兼ね備えています。さすがAppleといったところ。本体デザインの良さはずば抜けています。

DSC04774

外で使うことが中心となるであろう新しいMacBook。購入にあたって、見た目も大事な要素の一つになりますが、文句なしの美しさです。

いつでもどこでも使いたくなる軽さ

以前から軽さは正義だと提唱していますが、新しいMacBookもそれを実証してくれます。とにかく軽いので、常に持ち歩いているだけではなく、隙間時間ができたら、サッと使いたくなります。これ以上小さくならない限界のサイズに、この軽さ。常に鞄に入れておいても邪魔にならないMacが誕生しました。

ノートパソコンを持ち運ぶとなると、リュックを使わないと辛い部分がありましたが、新しいMacBookの重さなら、鞄の選択肢も増えます。リュックを背負っていると背中に汗をかきますが、片側にかける鞄なら、背中に汗をかくこともありません。新しいMacBookの重さなら、リュック以外の鞄でも、体に負担なく持ち運ぶことができます。

新しいMacBookがファッションも変えてくれるでしょう。

膝への収まりもいい

新しいMacBookの大きさは、キーボードの横幅いっぱいになっています。余分な遊びがないので、非常にコンパクトですが、あまり小さくなりすぎると、膝の上に載せた時の収まりに不安が出てきます。

膝の上に新しいMacBookを置いて記事を書いていますが、しっかりと膝の上に乗っています。膝への収まりもよく、まったく問題なく文字を打つことができます。

  • 膝を閉じた状態
DSC04768
  • 膝を閉じた状態での乗せ方
DSC04769
  • やや膝を開いた状態
DSC04770
  • 膝を開いた状態での乗せ方
    DSC04772

カフェじゃなくても、新しいMacBookは仕事をすることができます。座る場所さえ確保できれば、新しいMacBookが大活躍してくれることでしょう。

発熱は

新しいMacBookには、本体内部を冷やすファンが付いていません。ほとんどのパソコンを使っていると「フォーン」という音が聞こえます。あれがファンの音です。扇風機のようなものを回すことで、パソコンの内部を冷却していますが、新しいMacBookにはその扇風機のようなものは付いていません。物理的に冷ますものがないので、新しいMacBookがどれぐらい熱くなるのか心配なところです。

裏面の上部、膝に乗せたときの上のほうがやや熱くなります。同じファンレスノートパソコンの「X205TA」と比べると、「X205TA」のほうが発熱は少なく感じます。「X205TA」は電源ケーブルを差し込む部分が熱くなる程度ですが、新しいMacBookは裏面の上半分ぐらいが結構熱くなります。膝の上に乗せて使うことができないほどではありませんが、気になる人は気になるでしょう。

スリープからの復帰は

最近のノートパソコンはハードディスクではなく、SSDと呼ばれるものでデータを保存しています。昔のように電源を切らなくても、蓋を閉じておくだけでいいノートパソコンがほとんどです。蓋を閉じた状態から開けた時に、瞬時に元の状態に戻ってくれれば、すぐにノートパソコンを使うことができます。

新しいMacBookは、瞬時に復帰します。ほんとに一瞬でスリープ状態から復帰します。蓋を閉じた後もWi-Fiの電波を掴んでいるようで、すぐにWebページを読み込みにいけます。これならスマートフォンのスリープと同じ感覚で使えるでしょう。

剛性感のあるキーボード

モバイルマシンで重要なのがキーボード。サイズ的な制約から、どうしても打鍵感が犠牲になります。新しいMacBookは極限まで薄くなっているため、キーの打ち心地が犠牲になるところですが、新しいキーボードの仕組みを採用することで、この問題を解決しました。

バタフライ構造と呼ばれる新しい方式を採用することで、今までのキーボードとはまったく違うキーボードを作り上げました。初めて新しいMacBookのキーボードに触ったとき、エッ?!て言葉を出してしまうほど違和感を感じましたが、1時間も使っているうちに慣れてきました。

cplAV8j0R9QvOv36c1HQLmm+IAazxwk

キーが大きいのに、どこを押しても均等に押せる構造になっています。そのおかげで、とてもキーが押しやすくなっています。さらにありえないほど短いストロークのおかげで、力強くキーを下に押さなくても文字を打つことができます。バシバシとキーを叩いてしまいますと、キーストロークが短いせいで指が痛くなりますが、無駄な動きを無くし、軽くタッチしていく感じでタイピングをしていくことで、高速タイピングが可能になります。今までMacBook Air、13インチMacBook Pro Retinaと使ってきましたが、新しいMacBookのキーボードは、今までのMacBookとは違う打ち方を求められます。

キーボードの好みは人によって違いますが、新しいMacBookをじっくりと使えば、このキーボードの素晴らしさもわかるでしょう。

とても綺麗な液晶ディスプレイ

待望のRetinaディスプレイを搭載した新しいMacBook。モバイルマシンということを考えれば、大満足の液晶ディスプレイです。とても綺麗な発色ですし、視野角も広い。新しいMacBookの液晶ディスプレイは、MacBook Airのような見辛さはありません。液晶ディスプレイの角度をこま目に変えることなく、どの角度からも見やすい液晶ディスプレイになっています。

モバイルという用途で考えれば、素晴らしい液晶ディスプレイです。

バッテリーは

バッテリーに関しては、MacBook Airの13インチモデルよりは、持たないような印象です。感覚としては、MacBook Pro Retinaの13インチモデルと同じぐらいのように思います。性能的にはMacBook Pro Retinaの13インチモデルより新しいMacBookが劣りますが、圧倒的な軽さがあります。これ以上バッテリー容量を増やせば、本体がさらに重くなってしまいます。

性能と重さのバランスを考えて、今の仕様になったように思います。細かく測っていませんが、感覚的には5時間ぐらいかなぁという印象です。充電ケーブルを持たずに外に出るのは、やや不安ありといったところでしょうか。

最強のモバイルマシン

cplARf_Xxnr2zfpn_I76IzbhQo7V7bY

外で見かけるMacといえば「MacBook Air」でしたが、新しいMacBookの登場で、そのポジションが変わるでしょう。これからは「新しいMacBook」を外でよく見かけるようになるはずです。値段が少々お高めですが、その分の価値はあります。軽くて薄いのに、普通に使う分には不満のない性能。数々のモバイルマシンがありますが、「新しいMacBook」は、現時点で最強のモバイルマシンと言っていいでしょう。

性能的に不足な部分があるかもしれませんが、そんなことは百も承知の上です。メインマシンを1台持った上で、この新しいMacBookをモバイルマシンとして割り切って使えば、きっと大活躍してくれます。現時点で最強のモバイルマシン、軽いノートパソコンを探している方は、一番に検討したいノートパソコンです。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。