Macの新しいOSEl Capitanでライブ入力(自動漢字変換)を使う方法

スポンサーリンク

Macの新しいOSp「El Capitan」がリリースされました。iPhoneだけではなく、Macも毎年のようにバージョンアップされるようになりましたが、あまり変化がないバージョンアップが続いていました。今回のEl Capitanも慌ててバージョンアップしなくてもいいと思うところですが、

今回はすぐにバージョンアップすることを勧めます。

なぜなら、びっくりするぐらい革命的な機能を使うことができるからです。その機能は「ライブ変換」という機能です。Appleが日本語のために作った素晴らしいこの機能は、漢字に変換するときに、スペースキーを押さなくても自動で適切な漢字に変換してくれるのです。

今回はこの革命的なライブ変換機能を使う方法を紹介します。

ライブ変換機能を使う方法

「ライブ変換」を使うには、システム環境設定からチェックマークを入れる必要があります。

スクリーンショット 2015 10 01 12 12 17

システム環境設定をクリック

スクリーンショット 2015 10 01 12 12 27

キーボードをクリック

スクリーンショット 2015 10 01 12 12 46

入力ソースのタブをクリック

スクリーンショット 2015 10 01 12 13 00

ライブ変換にチェックマークを入れる

以上でライブ変換が使えるようになります。最初は違和感を感じるかもしれませんが、慣れてくると非常に快適に文章を打つことができます。El Capitanにバージョンアップして、日本語入力の大革命を体験してください。


新しいMacbookですと、ややライブ変換機能がもたつく感じはあります。


処理能力と価格から考えると、MacBook Airが一番お買い得です。


MacBook Pro Retinaディスプレイの処理性能があれば、ライブ変換も快適です。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。