まだまだAppleのマイナーチェンジ商法は続く

スポンサーリンク

ついにiPad Proが発売になりましたが、Appleの新しい制品としては盛り上がりに欠く印象です。盛り上がっていない一番の理由は、アーリーアダプターと呼ばれるユーザーたちが飛びついていないからでしょう。iPhone、iPadと次々とヒットしていた頃は、ガジェット好きなアーリーアダプターの人たちが一目散に飛びついていました。それぐらい買いたいと思わせる製品でした。それから数年が経ち、iPhoneやiPadをマイナーチェンジしながらやってきましたが、変化に乏しいため、アーリーアダプター層から完全に相手にされなくなっています。iPhoneは常に持っている必要があるので、数年おきに買い換えているようです。しかし、iPadに関しては、みんなが望んでいた未来とは程遠い現状のため、結局はMacに戻ってしまったように思います。そのMacも変化に乏しいため、新しいMacBookもあまり売れているというよりは言い難い状況。そんな中iPad Proが登場しましたが、またまた望んでいた未来とは程遠い現状のため、全くアーリーアダプターから相手にされていません。

みんなが望んでいるのは、iPad Proではなく、Mac Padだからです。タッチ操作やペンで入力できるなど、誰にでも使える素晴らしいインターフェイスを持っているiPadシリーズですが、OSがiOSのままでは、アーリーアダプターは飛びつかないでしょう。

みんなが望んでいるのは、Mac Pad
image

多彩ねインターフェイスを持ったMacが登場すれば、ますますMacが便利になります。どれだけiPadが進化していっても、iOSの仕様では、使い勝手が悪いのです。MacのOS(OS X)を進化させていく中で、インターフェイスの追加をしていってもらいたいところですが、今後も望みは薄そうです。

Business Technology記事:‘At Apple we always keep raising the bar’

ティム・クックのインタビューが掲載されていますが、今後もiOSとOS X(Mac)を統合する気はないようです。となると、今後もiPadとMacをマイナーチェンジし続けるということになります。みんなが望んでいない未来に向かうようでは、ついにアーリーアダプター層から、Appleが見向きもされなくなる日が来るのかもしれません。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。