槇原敬之の曲が大幅に増え、定額制音楽配信サービスでほとんどの曲が聞けるように

スポンサーリンク

久しぶりにSpotifyで槇原敬之の曲を検索してみたところ、大幅にアルバムが追加されていて驚きました。最新アルバム「Believer」だけではなく、「Lovable People」「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた」など、ほとんどのアルバムが聞けるようになっています。

ざっと調べてみたところ、SONY時代以外の曲は全て聞けるようになっています。ワーナー、SONY、ワーナー、エイベックス、Bupu Labelというレコード会社の所属になっていますので、ほとんどの曲を、定額制音楽配信サービスで聞けるようになりました。

全ての曲を持っているので、Spotifyで槇原敬之を聞く必要はないのですが、ここまで曲が充実していたとは思いませんでした。おそらく、他の定額制音楽配信サービスでも聞けるようになっていると思われます(Googl Play Musicでも聞けるのを確認)。

定額制音楽配信サービスに加入すれば、マッキーの音楽がほとんど聞けてしまう贅沢。こんな未来がくるとは思いませんでした。20年前の僕がこの事実を知っていたら、全部のCDを買っていたかどうか、、、いや、未来がこうなると知っていても、きっと僕は全部のCDを買っていたでしょう。

Spotifyだけは、無料でサービスが利用できます。無料プランだと色々と制限はありますが、しっかりとマッキーの歌を聞けます。多彩な楽曲をじっくりとお楽しみください。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。