Mountain Lionがアップデート。10.8.3になって使用感は変わった?!

スポンサーリンク

Mountain Lionがアップデートされました。

Apple、「OS X 10.8.3」を正式にリリース
なかなか大きいバージョンアップ。

今回のバージョンアップで、10.8.3になりました。MacのOSはiPhoneやiPadのOSと少し違って、若干分かりにくいところもあると思うので、簡単に説明します。

最初の数字が変わる時が大きな変化

最初の10というのが今のOSのバージョンを大まかに表しています。この辺りはiPhoneやiPadのiOSと同じです。10.8.3ですから、OSのバージョンとしては、Macは10ということになります。これをOS X(オーエス テン)と呼びます。


Mac OS X / Lasse Havelund

X(テン)というバージョンは、2001年にリリースされました。それから11年経ち、数々の進化を経て、現在は10.8.3まで来ました。ということは、大きなバージョンアップが8回あったことになります。。Mac OS X v10.5 Leopardで、ほぼ現在のMountain Lionと同じ使用感のOSになったと思います。ちょうどMac OS X v10.5 Leopardが出た頃から、iPhoneが売れ始めて、それに引っ張られるようにMacも売れていきました。このOS Xから、OSが非常に安定しており、誰が使っても扱いやすいOSなので、Windowsから乗り換えた方も、ストレスを感じることなく使うことができているのではないかと思います。

10.8.2はSafariが落ちまくっていた、、、のは僕だけ

早速、10.8.3にバージョンアップして使っています。特に変わった点は感じられませんが、Safariの安定感が上がっているように思います。今回の10.8.3のバージョンアップでは、Safariもバージョンアップしています。Safariは6.0.3になりました。こちらも特に変わった点はなさそうですが、心なしか動作も速くなり、さらにSafariが落ちるということもありません。もうしばらく使い込んでみないと何とも言えませんが、10.8.2よりは、安定してい良いバージョンアップじゃないかと思います。

小さなバージョンアップでもOSは結構変わる

スクリーンショット 2013 03 15 7 19 57

小数点以下2桁の数字の変化のバージョンアップは、見た目はほとんど変わりませんが、使い勝手の部分でより良くなることが多いバージョンアップです。今回のMac OS X 10.8.3へのバージョンアップも、日常の使い勝手がよくなるバージョンアップだと感じました。その他にも細かい変更点がたくさんありますので、Macをお使いの方は、バージョンアップしてみたらどうでしょうか。

Apple、Boot Camp が Windws 8 に対応するなどした「OS X Mountain Lion Update v10.8.3」の配布を開始 | Mac OS X | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
細かい変更点。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly