崖っぷちの男が崖っぷちの男を見てきました

スポンサーリンク

意味不明のタイトルに惹かれまして、崖っぷちの男を見てきました。超大作ではありませんが、スリリングで映画らしい映画で面白かったです。アスガー・レス監督の作品です。これまでドキュメンタリー作品を手掛けてきて、今回が長編初監督とのこと。主演はアバターでお馴染みのサム・ワーシントンです。

崖っぷちの男
公式ホームページ

ストーリーは、元ニューヨーク市警の警察官ニック(サム・ワーシントン)は、30億円のダイヤモンド強盗の罪で投獄されていたが脱走。ニューヨークの高層ホテルで投身自殺を図ろうとしていたところを発見される。次々と野次馬たちが集まって来る中、彼は最近失敗をやらかしたばかりの女性刑事リディア(エリザベス・バンクス)を交渉人に指名する。というストーリーです。

30億のダイヤモンド強盗の免罪を晴らすために、ニックが飛び降り自殺とみせかけて時間稼ぎをしている間に、ジェイミー・ベル演じる弟のジョーイ・キャシディとアンジェラ(ジェネシス・ロドリゲス)がビルに侵入するところから、ぐいぐい話に引き込まれていきます。

ビルの上からの映像が多数あります。この映画はどうやって撮ったのでしょうね。本当にビルの外で撮っていたら、よくこんな仕事を引き受けたなぁと思います。と思ってネットで検索していたら、本当にビルの外、地上から60mで撮影!CGじゃなくて実際に撮った映像だからこそ、余計にスリリングな映像になったんだと思います。

様々な人物が絡み合って行くことで、最後の結末までテンポ良く持っていく展開は、お見事という映画でした。崖っぷちの男というタイトルだけ聞くとピンとこないと思いますが、102分きっちりと楽しませてくれる、レベルの高い映画です。

1度見ただけだと分かりづらいところもあるので、DVD化された時に、ストーリーと人物関係を確かめながら、もう一度見たいと思います。

個人的にはアメイジング・スパイダーマンより崖っぷちの男のほうが、楽しめるんじゃないかなぁと思います。

おすすめ度:★★★★☆(超大作ではないがしっかりと楽しめる映画です)

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。