【ドコモ回線レビュー】60GBになったギガホを一ヶ月使った感想

ドコモギガホが最強の理由




突然ギガホのパケット量を倍増すると発表して一ヶ月が経ちました。30GBでも十分だと思いきや、毎月ギリギリでやりくりしていたのが正直なところでした。そんなに何に使うのと言われますが、SpotifyやYouTubeをバンバン見ていたら、あっという間に30GBなんて使ってしまいます。

あと20GBぐらいあったらいいのに。そんな思いをドコモが叶えてくれました。

ギガホ増量キャンペーン | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

いっきに倍像の60GBに。これで毎月8,000円程度の料金なら言うことはありません。値段の安さばかりが注目され、大手キャリアへの風当たりは強くなる一方ですが、安心安定の高速通信で使い放題となった今、ドコモのギガホが最強の通信契約になりました。

ドコモのギガホが最強の理由

  • どこでも繋がる
  • 安定して速い
  • 対応がいい

docomoのギガホが最強の理由は以上です。

ドコモ以外の大手キャリアでも、ほとんどの場所で繋がりますが、田舎の方に行くと、ドコモしか繋がらないことがあります。なかなか電波が繋がらない場所に行くことはありませんが、一番繋がるキャリアという安心感は、何者にも代えがたいものがあります。

安定して速いのもドコモの良い点。どんな時間帯でも、高速で通信します。格安SIMだと遅くなる昼の時間帯も問題なし。いつも通り高速で通信します。

ドコモショップで仰天メモ 渡された書類に「クソ野郎」 – FNN.jpプライムオンライン

このような事件が話題になりましたが、ドコモ、au、ソフトバンクの3社のショップでの対応は、ドコモが一番良いと感じます。ショップや人によって対応は変わってきますが、総じてドコモが良いという印象です。

日本で一番良いキャリアの通信回線で、毎月60GBも使えるようになったことで、もう何も悩むことはありません。

結局いくらかかるの

速くてほぼ無制限に使えるのは分かっても、結局いくらかかるのかが気になるところ。毎月の料金が分かりにくいせいで、大手キャリアが敬遠されています。ここでハッキリと料金を計算しましょう。

ドコモのギガホはiPhone11を持つと月額10,000円

このようになりました。ProではないiPhone 11 64GBを分割払いで支払い、ギガホで契約した場合の料金。光回線のセット割はしていません。半年間は1,000円割引が入るので、8,998円になります。その後の期間のほうが長いので、iPhone 11をドコモで契約して、何も考えずにバンバン通信するには、毎月1万円かかると覚えてください。

自分でスマートフォンを用意すれば、端末代がなくなるため、毎月6,370円になります。今使っているiPhoneやスマートフォンをそのまま使い、契約会社をドコモに変えれば、毎月6,000円ちょっとです。

60GB使えて安定して速い回線が、毎月 6,000円で手に入ります。ドコモのギガホがあれば、もう通信することで悩みはなくなります。その安心感を、毎月6,000円で買うと考えれば、安いと思いませんか。安いと思える方は、ドコモのギガホを契約しましょう。

Amazonプライムが1年間無料(年会費4,900円)

報道発表資料 : (お知らせ)「ギガホ」に「Amazonプライム」が1年ついてくる特典を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

Amazonプライムを1年間無料で使うことができます。映画や音楽を無料で楽しめるAmazonプライムが、一年間も無料です。すでにAmazonプライムの会員の方も、ドコモユーザーになってギガホを契約すれば、1年間無料になります。
アイスクリームや牛丼の無料券を配られるより、有り難い特典です。

ディズニーの映画も1年間無料に

報道発表資料 : (お知らせ)「『ギガホ』『ギガライト』&『ディズニーデラックス』セット割」キャンペーンを実施 | お知らせ | NTTドコモ

Amazonだけではなく、ディズニーデラックスも1年間無料で楽しめます。ディズニーが提供している映画、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの映画まで見れます。

Amazonプライムと合わせて楽しめば、1年間は映画に困ることはないでしょう。

月に60GB使えると生活はどうなる

お高く見える料金も、納得していただけたかと思います。次に知りたいのは、実際に生活がどう変わるかです。5G時代も目前となった今、通信容量を気にせず使えると、生活はどう変わるのでしょうか。

カフェのWi-Fiを使わない

これまではスタバなどのカフェに入ると、Wi-Fiに繋いで仕事をしていました。

Wi-Fiに繋ぐには、このような画面でクリックして認証する必用があります。この作業をしないと、インターネットに接続できません。使っていて一時間が経過すると、いったん通信ができなくなります。認証画面を再度経由することで、また一時間使えるようになりますが、このタイミングで通信がうまくいかなくなって、入力していたデータが消えてしまうことも。

店内が混み合っていると、多くの方がWi-Fiを利用するため、なかなかWi-Fiに接続できず、使えるようになるまでに10分ぐらいかかってしまうこともあります。
ようやく繋がったという安心感からか、ムダにネット上の記事を見てしまい、何も仕事をすることができなかったこともあります。無料で使えるだけに、みんなが使います。みんなが使うということは、思うようにいかないということがあるということ。周囲の状況に影響されてしまうWi-Fiより、安定して繋がる4Gのほうが、快適に仕事をできます。

ドコモのギガホなら、無駄に時間を浪費することはありません。スマホのテザリング機能をオンにして、すぐに仕事ができます。明らかに仕事の能率が上がり、今まで以上に成果がでるようになりました。

YouTubeを好き放題見る

YouTube Premiumが始まってから、YouTubeの視聴時間が圧倒的に増え、毎月30GBでギリギリといった生活を送っていました。あと20GB、いや10GBでいいから増えればいいのに。

そんな日々ともおさらばです。これからは毎月60GBも使うことができます。残りのギガ数を気にせず使える安心感。無用な心配がなくなったことで、バンバンYouTubeを見ることができます。

Spotifyも聴き放題

YouTubeと並ぶ最強サービスSpotify。世界中の音楽が、毎月980円で聴き放題。色んな曲を聞けば聞くほど学習し、自分好みの曲を提案してくれます。

30GBのときは、音質を少し落として聞いていましたが、これからは最高音質でバンバン聞けます。最高の音楽を最高の音で。60GBになったことで、いつもの時間がより極上の時間になります。

カフェに行かなくてもよくなった

これまではスタバなどのカフェに行き、無料で提供しているWi-Fiサービス繋いでいましたが、もうWi-Fiを使う必要はありません。わざわざカフェにいってコーヒーを頼み、席についてWi-Fiに繋いでから作業をしなくていいのです。

思いついたらパソコンを広げ、4Gでバンバン通信して作業をする。仕事をするのにカフェに行く。今では当たり前になった光景が、過去のものになるでしょう。

これから5Gにり、通信は使い放題が当たり前になります。いつも混んでいるスターバックスも、空席が多くなるかもしれません。たかが通信ですが、通信の利用方法が変わってくると、流行っているお店にも影響を与えてくるでしょう。
今いる場所の状況が良ければ仕事ができる。外でする仕事の方法が、変わってくるはずです。

周りがついてこれない

一番の問題点は、周りがついてこれないことです。いたって普通の日本の会社に勤めていると、年配で高給取りの役に立たない人たちが、スマホやパソコンを使いこなせません。使いこなせませんというレベルではなく、機械というものを使えません。
上の立場の人たちが使えないせいで、下の人間が合わせなくてはいけません。日本の生産性の低さは、人工が多い40代より上の人間が、コンピューターをうまく使えないから。効率の悪い道具を使って、20世紀的なビジネスをしているせいで、あっという間に世界の国から置いてかれました。

こういった状況を打破するためにも、僕らは意識的にパソコンやスマホを使う必要があります。旧態依然とした組織のせいで、自分の人生の時間を使ってしまうぐらいなら、いっそのこと会社を辞めましょう。

あと数年生き延びられればいいという老害は、そのまま変わりません。そんな組織は抜けてしまい、自分ひとりで生きていくのが正解かもしれません。

もうギガホだけで生きていける

動画のデータをYouTubeにアップすることがあるYouTuberのような方以外は、もはやドコモのギガホだけあれば十分。何も考えずにバンバン通信して好きなことができて1万ぐらいの生活か、いろんな事を気にしてやりくりする4,000円ぐらいの生活。
自分がしたい生活を考えてみて、自分に相応しい回線を見つけましょう。

 

スポンサーリンク



ドコモギガホが最強の理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。