New Fire TV(2017年モデル)をレビュー

Fire TVイメージ
スポンサーリンク

新しいFire TVを購入したのでレビューします。

購入したといっても、ほとんど親のために購入しました。僕の両親は、映画を見るのが大好きです。これまではiPadでHuluを見ていましたが、Huluの映画のラインナップが良くないというので、Netflixに乗り換えることにしました。iPadの10インチ程度の画面で見るのではなく、テレビで見たほうがいいのは明らかです。NetFlixに乗り換えるのと同時に、Fire TVも購入することにした次第です。

Fire TVの表面

Fire TVパッケージ表面

Fire TV裏面パッケージ

Fire TV裏面パッケージ写真

Fire TV裏面パッケージ写真

同梱されているもの

最初のセットアップをして、そのあと一緒に映画を見たぐらいの使用時間ですが、これは買いです。

うちのテレビは4Kではないので、Fire Stickでもいいのかもしれませんが、こちらのモデルのほうが、プロセッサーとRAM容量が良いので、ストレスなく使えるという判断をしました。

結果的にはFire TVを購入して大正解です。使っていてストレスが溜まるような場面はありません。何をしてもスムーズに動作してくれます。付属のリモコンで操作するには、十分すぎる操作感です。

設定も思いのほか簡単でした。自宅のWi-Fiに接続さえできれば、あとは何とかなるでしょう。

この手のセットトップボックスの問題点は、リモコンでの操作です。IDやパスワードを入れたりするのに、リモコンで文字入力をしなければいけません。スマホやPCのようにはいきませんが、リモコンということを考えるると、これで十分といえる操作感です。最新のApple TVを持っていないので比較はできませんが、2世代前のApple TVは持っています。2世代前のApple TVのリモコンよりは、圧倒的に使いやすいです。

8,980円という値段で購入できることを考えると、Apple TVを購入する意味を見出せません。このジャンルの製品は、テレビで動画を見るのが主となる用途です。アプリの種類云々より、そこそこ快適に動画が見れればいいのです。

そういう視点で見ると、Fire TVは十分すぎる製品です。こんなものが1万を切る値段で買えてしまっていいのだろうかと思います。

4K対応のApple TV 32GBモデルが15,790円。4K対応のFire TV 8GBモデルが8,980円。

Apple TVのほうがストレージ容量が4倍ありますが、そもそも動画を見れればいいので、32GBものストレージ容量は不要です。

ここまで価格差があると、どう考えてもFire TV1択です。できることに大差ないのに、2倍ものお金は払えません。スマホでもないので、見た目やデザインがどうという問題もありません。

動画を見るだけではなく、AmazonプライムMusicをテレビのスピーカーから聞くことができます。何でもテレビで済ませたい年配の方にピッタリの端末といえます。

Apple TVの購入を考えている方は、まずはFire TVを購入してから考えましょう。Fire TVで満足してしまい、Apple TVを買う気がなくなるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

Fire TVイメージ
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly