イオンの格安スマホが好評。契約するもの完璧に間違っています。

スポンサーリンク

2014年04月05の日本経済新聞朝刊記事に載っていますが、「イオン、格安スマホ発売 3割の店舗で予約分完売 」とのこと。

イオン、格安スマホ発売 3割の店舗で予約分完売  :日本経済新聞
どうして完売するほど売れるのだろうか。

大手流通のイオンが、月額¥2,980で発売したスマートフォン。端末代とデータ通信量がセットになっていながら、月額¥2,980でスマートフォンが持てるということで、好評になっているようですが、何もこのスマートフォンを購入しなくても、月額¥2,980で持てるスマートフォンはいくらでもあります。

今現在、携帯電話もしくはスマートフォンを、月額契約して使っていない方はほとんどいないでしょう。だとすれば、MNP(のりかえ)する弾はあるということになります。乗り換えるものがない状態で、月額¥3,000でスマートフォンを持とうとすると、選択肢が限られてしまいます。しかし、 MNP(のりかえ)するものがあれば、月額¥3,000でスマートフォンを持つのは簡単です。

唯一のメリットは解約金が掛からないこと

ほとんど良い点が見当たらないイオンが発売したスマートフォンですが、唯一良い点を上げるとすれば、通常のスマートフォンを契約すると掛かってしまう2年縛りがないため、解約金が掛からないということでしょうか。

これはどういった意味か説明しますと、通常ですと約1万円は掛かる解約料が、いつ解約しても掛からないということです。ただし、解約した時点で残っている端末代の代金は支払わないといけません。結局はタダでスマートフォンを手に入れている訳ではありまけん。やはりMNP(のりかえ)をすることで、端末代を一括0円(本当に0円)で入手したほうが良いでしょう。2年以内に解約してしまうと、違約金として1万円が掛かってきますが、端末代の残債はありません。違約金約1万円で済みますので、間違いなくイオンのスマートフォンよりお得です。

ただし、2年後も月額¥3,000以下を維持しようとすると、毎月の値引きが終了するため、再び違うキャリアににMNP(のりかえ) する必要が出てきます。時間の流れが速い業界です。2年以上も同じ機種を使うより、毎月の値引きが終了するときに、違うキャリアに乗り換えることで、新しい端末を手に入れたほうが良いはずです。

ややこしい縛りがないため、イオンが発売したスマートフォンに飛びついてしまいそうですが、よく考えてから契約しにいきましょう。海外に頻繁に行かれる方で、どうしてもSIMフリー端末がほしい方は、イーモバイルが提供しているNexus5を、MNP(のりかえ)をして契約しましょう。イオンのスマートフォンはNexus4です。何も一世代古い端末を使わなくても、より快適なスマートフォンを、同じ料金で使うことができます。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly