新型MacBookAirが数週間以内に出るのは確定?!

スポンサーリンク

Macなしでは生きていけない大野です。ほとんどの人は、パソコンではなく、スマートフォンだと思うんですけど、やっぱり文字を打つのはキーボードのほうが早いので、パソコンが一番です。

次期MacBookシリーズの4モデルと謎の3製品のモデルナンバーが明らかに
型番が出た時は、数週間以内に新型が出るパターンが多い。

2013年に入ってから目立った動きのないAppleですが、やっと来週には、待望の新商品の発表がありそうです。久しぶりの新商品は、ノートパソコン。ノートパソコンでも一番薄くて軽いMacBook Airの新型です。昔のノートパソコンは性能があまり良くなく、不満が多いパソコンの代名詞でしたが、今時のノートパソコンは性能もかなり良いので、これ1台買ってしまえば、ほぼ不満はないかと思います。

この記事によると、4モデルと書いてあります。現在のMacBook Airも4モデル。11インチ2モデル、13インチ2モデルの合計4モデルです。ここから推測すると、今のラインナップのままマイナーチェンジをすると思われます。

大事なのは、マイナーチェンジの内容。詳細は発表されてみないと分かりませんが、ひとつだけ間違いないのは、パソコンの頭脳のCPUが「Haswell」になるということ。「Haswell」とい言われてもよく分からないと思いますので簡単に説明すると、次に出るCPUのコードネームのことです。この「Haswell」といのは、前のCPUの「Ivy Bridg」よりバッテリー駆動時間が1.5倍になるというのが1番のポイントだと思います。

ノートパソコンで一番の不満と言えば、バッテリー駆動時間。カタログ数値は7時間と書いてあっても、実際は7時間も持つことはありません。5時間持てば良いほうです。しかし、5時間では、1日外で使うには非常に不安。結果、ノートパソコンを使う時は、なるべく電源のあるお店ばかり探してしまい、ノートパソコンを使う前に、電源のあるお店を探すことに疲れてしまう始末。これでは本末転倒です。

現在MacBook Airの13インチのバッテリー駆動時間は7時間。もしこれが1.5倍になるとすれば、10時間30分持つことになります。カタログ数値で10時間になれば、実際の駆動時間はだいたい8時間ほどになるはず。もし8時間になれば、ほぼバッテリーのことを気にせずに使うことができます。ノートパソコンのアダプターって、結構重いんですよね。もしこのアダプターだけでも、外に持ち出さなくても良くなれば、約177gぐらいは鞄の中の荷物を軽量化できます。

177gぐらい軽くなっても変わらないという声が聞こえてきそうですが、いつも鞄が重すぎて、リュックで行動しているので、少しでも身軽になって、たまには違う鞄でお出かけしたいのです。そして、キルトスカートで外出したいという新しい目標が出来たので(笑)リュックじゃなくて、もうちょとキルトに合う鞄でお外に出たい。そのためには、ノートパソコンのバッテリーが持つようになり、少しでも鞄を軽くしたいのです(笑)

という個人的な事情により、来週のAppleの発表がとても気になります。もし新型MacBook Airのバッテリーが10時間もつということになれば、早急に買い換え、合わせてキルトスカートも合わせて購入します。そして、9対1に分けたヘアーで、颯爽と街を歩きたいと思います!!!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly