上質なイヤーピース「Crystal Tips」が約800円で1ペア販売開始

スポンサーリンク

気になるガジェットニュースがあったので紹介します。

装着製/遮音性を高めたイヤーピース「Crystal Tips」約800円で1ペア販売 – AV Watch

たかがイヤホンのスポンジ?って言われそうですが、これがいいんですよ。実際に使ってみないと分からないのですが、音が変わります。とくに低音が良くなります。

イヤホンには色んなタイプのイヤホンがあります。

  • カナル型
  • インナーイヤー型
  • オーバーヘッド型

大まかに分けると、この3つに分かれます。オーバーヘッド型は、DJがよく使っている、大きなヘッドが特徴のヘッドフォンです。耳の中に入れるのではなく、耳を覆うタイプになります。

多くの方が使っているのは、カナル型かインナーイヤー型です。カナル型のイヤホンは、密閉型とも言われるように、外部の音がほとんど聞こえなくなります。オーバーヘッド型は開放型とも言われるように、周囲の音が入ってくるタイプのイヤホンになります。

今回紹介しているイヤーピースは、カナル型のイヤホンで使います。このイヤーピースを付属のモノと付け替えてみてください。今まで使っていたものより、より耳に密着するはずです。耳に密着するから、低音がより耳に響きます。

カナル型のイヤホンを使っていて、低音が物足りないと思う方は、イヤーピースを付け替えてみましょう。

イヤーピースは結構なお値段です

かなり音が良くなるので、新しいイヤホンを手に入れるのと同時に、コンプライのイヤーピースを購入しておりました。この音を知ってしまうと、普通のイヤーピースでは満足できません。

付け替える価値はありますが、結構なお値段です。3つセットで2,000円ぐらいです。今までイヤーピースを付け替えたことがない人が、いきなり購入するにはハードルが高い値段です。

お試し感覚で1つから購入できればいいのですが、なかなか一つで販売されていません。「Crystal Tips」のイヤーピースは、11月30日より1セットからの販売が始まります。

どんな感じか試してみたいという人にピッタリの価格です。より良い音で音楽を楽しみましょう!

注意点

イヤホンのノズルの大きさが、イヤホンによってマチマチです。

イヤフォンのノズルに取り付ける内側の穴(コア)のサイズがS、Mの2種類あり、SコアはShureやEtymotic Researchなどのイヤフォンで使える。

自分が持っているイヤホンに合うサイズを購入してください。

耳穴のサイズに合わせてそれぞれにS/M/Lの3サイズ、合計6製品を用意する。

S・M・Lと3サイズあります。自分の耳穴に合わせて購入しましょう。

まだ3つセットでしか販売されていません。11月30日以降は、1セットのものが登場するでしょう。

今回紹介したイヤーピースを使いたいイヤホンのレビュー記事

ネックバンド型Bluetoothイヤホン「LEOPHILE EEL」をレビュー[PR]

BeatsXの新色マットシルバーをレビュー

AAC対応Bluetoothイヤホン「JPRiDE JPA1 MK-Ⅱ」をレビュー

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly