今年最大のヒット商品になる!マイボトルドリンク「drop」サントリーとサーモスの挑戦

スポンサーリンク

今年最大のヒット商品になるでしょう。サントリーサーモスが革命的な商品を発表しました。

MY BOTTLE DRINK drop|サントリー×サーモス
ホームページのデザインからも、本気度が分かります。

一昨日の日本経済新聞の朝刊に、サントリーとサーモスが共同発表会をすると、本日の予定という小さい欄に書いてありました。その時、サントリーとサーモスが共同発表って何だろうか?考えても答えが出ませんでした。片方はドリンクの大会社、もう片方は真空断熱技術を応用した容器類の大会社。一見すると相反するこの2つの会社が共同開発する商品とは何だろうか?一昨日からずーっと頭の片隅に引っかかっていました。そして今、その引っかかりは間違いではなかったことが分かりました。

まったく新しい家庭用飲料の形

この度発表された「drop」はどういった商品なのでしょうか。簡単に説明すれば、ネスカフェのバリスタのような物と言えばいいでしょうか。あのカップのような物をセットしドリンクが出来るという仕組みを、パーソナライズした商品が「drop」です。サントリーがドリンクのカップを提供し、世界最高の保冷保温技術を持つサーモスが容器を提供する。サントリー1社では実現できませんし、サーモスだけでは、その容器を活かすことができません。まさにこの2社が組んだからこそできた商品なのです。

デザインが最高にいい!

サーモスの魔法瓶って、ちょっと色気がなく、真面目すぎるところがあります。しかしこの「drop」の容器は違います。見た瞬間にヒットを確信しました。このデザインは確実に受けます。そして、個人が所有する物という意味を、充分に理解しているデザインです。シンプルで可愛いデザイン。そして機能性も兼ね備えたデザインと機能美の融合。さらに、色を白にしてきたのは、間違いなくカスタマイズすることを想定しています。このボトルの底に、カラフルなカバーなんかを付ければ、より可愛いボトルになり、ますます愛着が湧きます。愛着が湧けば、常にこのボトルを持ち歩きます。常にボトルを持ち歩けば、サントリーのカップが売れます。ビジネスモデルもしっかりと練られた凄い商品です。

商品のデザインだけではありません。オフィシャルサイトのデザインも、社運を賭けているというのがヒシヒシと伝わってきます。この「drop」という商品に、サントリーとサーモスの一線級のスタッフを動員しているのは間違いありません。

このdropは、開発に3年かかったとのことです。このホームページを見れば、3年かかっただけの商品だというのが分かってもらえるはずです。ただ商品を作るのではなく、ライフスタイルから見直して考えて作られた商品なのです。これは僕たちの生活を変える可能性がある商品なのです。

自己否定も恐れないサントリーの姿勢

はっきりいって、このような商品を出してしまえば、ペットボトルのドリンクが売れなくなる可能性が大いにあります。それなのに、こういった商品をサントリーが出してきたことの凄さ。サントリーは、自分達の立場にとても危機感を感じていたのでしょう。現在、コンビニでも手軽に飲めるコーヒーが流行っています。飲料業界のライバルは、コカコーラ等の飲料会社だけではないのです。そういったことが分かっているから、サーモスというパートナーと組まなければ出来ない商品を作ったのです。多分、コカコーラでは、この商品は作れないでしょう。

関東から先行発売

この「drop」は関東から先行発売のようです。まったく新しい商品なので、最初は東京から様子を見るのだとは思いますが、この革命的な商品を名古屋ではいち早く体験できないのはとても残念。僕はこれを買うだけのために東京へ行こうと思います。

現在先行モニターが募集されています。勿論僕も応募しました。これは絶対にいち早く体験するべきでしょう。さぁ、あなたも一緒に「drop」を応援しましょう!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly