今気になるモノ「HUAWEI WATCH GT」に新型が登場

Huawei GTラインナップ
スポンサーリンク

ずっと前から気になっているモノがあります。

ファーウェイの時計です。Apple Watchの微妙感漂う成功のおかげで、ただの健康器具に成り下がってしまったスマートウォッチ。いかにもガジェットという見た目のApple Watchに対し、他社はいたって普通を目指しています。

ファーウェイのHUAWEI WATCH GTも、いたって普通の時計を目指したデザイン。いたって普通だからこそ、若干の安っぽさもありますが、服に合わせやすいのはHUAWEI WATCH GTでしょう。

待望の小型化

いたって普通のデザインなのに、少々大きいという欠点がありました。そんなHUAWEI WATCH GTに一回り小さいモデルが登場です。

ファーウェイ、GPSと心拍計を搭載したスマートウォッチに、小ぶりな42mmシリーズを追加

ちょっとゴツさを感じるデザインでしたが、一回り小さくなることで、より服に合わせやすくなりました。

Apple Watchの問題点

HUAWEI WATCH が気になるのには理由があります。Apple Watch Series 2 を使っていたからです。1年ほど毎日使っていましたが、結局手放しました。いい点も悪い点もある時計でしたが、どちかといえば、悪い点が耐えられず、Apple Watchを手放しました。

Apple Watchの悪い点

  • 毎日充電する必要がある
  • 充電器が専用のもの
  • 盤面が常時見えない

この3つが大きな不満点でした。とくに毎日充電するのが面倒すぎました。大して便利な機能もないただのデジタル時計なのに、毎日充電しないといけない。

無くてはならないスマホなら分かりますが、スマホがあって初めて機能する程度の機械に、毎日気を使うことに疲れました。

バッテリーがすぐに無くなるので、無駄に重い専用の充電器を毎日持ち歩く必要もありました。もっと軽い素材で充電器を作ってくれればいいのに、Appleらしい高級感が荷物を重くします。

そこまで必要性がない機械なので、無くてもいいかなぁと思うようになり、結局手放してしまいました。

圧倒的に良い点

  • Suicaが使える

不満ばかりのApple Watchですが、一つだけ良い点がありました。手首に付いているApple Watchがあれば、改札を通過したり、コンビニでドリンクやフードが買うことができました。

手元にある時計がお金代わりになる便利さは、体感した人は皆感動したことでしょう。

HUAWEI WATCH GTの良い点

HUAWEI WATCH GTも所詮デジタル時計ですが、Apple Watchの弱点を潰しています。

  • バッテリーの持ちがいい
  • 充電する部分だけ持ち歩ける

2週間以上もバッテリーが持ちます。新型の42mmモデルは小型化の影響で、1週間になっていますが、Apple Watchと比べれば充分すぎます。

HUAWEI WATCH GTの悪い点

  • 盤面を常時点灯できない

Apple Watchと同じで、盤面がすぐに消えてしまいます。バッテリー持ちが良いスマートウォッチなので、常時点灯させても、あまり問題はないように思うのですが、、、有機ELディスプレイの焼き付きという問題を回避するためでしょうか。

待望の小型モデルは2万切りの可能性が高い

42mmモデルの発売日は、5月下旬の予定です。価格はまだ発表されていませんが、小さいモデルのほうが安いはずです。HUAWEI WATCH GT 46mmモデルが現在2万円を越す値段で販売されていますが、2万を切る価格で登場する可能性が高いでしょう。

2万を切る値段で買えて、どんな服にも合わせやすくて、バッテリーが持つスマートウォッチ。

今年1番売れるスマートウォッチになるかもしれません。

おーの ゆーや
42mmモデルが発売されたら、購入したいと思います。

毎日、睡眠の記録を取って分析をするようにしています。アドバイス通り、枕を変えたら、睡眠の質が上がりました。

HUAWEI WATCH GTの素晴らしさは、勝間和代さんのブログでご確認ください。

HUAWEI WATCH GT公式サイト

 

スポンサーリンク



Huawei GTラインナップ

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。