Apple Watchユーザー待望のモバイルバッテリーが登場

スポンサーリンク
iPhoneとApple Watchを同時充電できるモバイルバッテリ – PC Watch
Apple Watchユーザー待望の製品。

Apple Watchユーザー待望の製品が登場です。モバイルバッテリー自体に、Apple Watchを充電することができる磁気端子を搭載しているモバイルバッテリーが発売になります。

Apple Watchを充電するには、専用の充電ケーブルが必要になります。lighteningやmicro USB端子ではなく、磁気型の接触方式で充電する仕組みです。既存製品の流用が利かないために、出張などでしばらく自宅を離れる場合は、専用の充電ケーブルを持って行く必要がありました。この充電ケーブルが結構な重さのわりに、Apple Watchを充電することにしか使えません。

裏面が傷つくのも気になります。他の充電ケーブルと擦れて、ステンレスっぽいところが傷だらけになっています。また、充電ケーブルの値段にも驚かされます。

Apple Watchしか充電できないのに、3,000円もします。モバイルバッテリーとApple Watch専用充電ケーブルを購入することを考えると、このベルキンのモバイルバッテリーを購入したほうがいいでしょう。モバイルバッテリーの上面に磁気型の充電部分が搭載されているので、Apple Watch専用充電ケーブルを持っていく必要がありません。「Valet Charger Power Pack 6700 mAh for Apple Watch+iPhone」を持っていけば、モバイルバッテリーだけでApple Watchも充電できるようになるのです。

Valet Charger Power Pack 6700 mAh for Apple Watch+iPhoneの良い点

  • Apple Watchをケーブルなしで充電できる
  • 本体がコンパクト
  • モバイルバッテリー自体は、高速充電できる

ケーブルなしでApple Watchが良い点です。もうApple Watchの充電ケーブルを持っていく必要はありません。このモバイルバッテリーさえ持っていけば、外出先でApple Watchのバッテリーがなくなってきも安心です。

Valet Charger Power Pack 6700 mAh for Apple Watch+iPhoneの悪い点

  • 充電が1A
  • スマートフォンは同時に2台充電できない
  • やや値段が高い

やや値段が高いことと、充電スピードが1Aというのが不満点です。できることなら2Aで充電できれば、より早くiPhoneを充電することができます。充電ケーブルを差すUSB端子が一つしかないために、他のスマートフォンやBluetoothイヤホンを同時に充電することができません。スマートフォン2台持ちの人は少ないと思いますが、Bluetoothイヤホンを使っている人はたくさんいるでしょう。iPhone7からはヘッドフォンジャックがなくなったので、Bluetoothイヤホンを使っている人が急増しています。充電をできる端子がもう一つあれば、より便利なモバイルバッテリーになったでしょう。

Apple Watchユーザーは買い

細かい不満点もありますが、Apple Watchユーザーは買いです。他に使い道のないApple Watchの充電ケーブルを、もう持っていく必要がなくなるのです。出張が多いApple Watchユーザーは、買っておくといいでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。