今朝の朝刊記事から。「ホンダF1復帰 新興国に的」はっきりいってブランドの勘違い

スポンサーリンク

今朝の日本経済新聞朝刊記事から、気になったニュースはこちら。

「ホンダF1復帰 新興国に的」

日本の自動車メーカーHONDAが、2015年にマクラーレンにエンジン供給をすることで、F1復帰をするというニュース。結構、このニュースで盛り上がっていたが、正直いまさら何を言っているんだろうかと思った。

HONDAのF1復帰はこれで3度目だ。前回のF1参戦時は、いいところまでいくが勝てない状況が続いた中、やっと希望が持てそうだという状況になってきたときに、まさかの撤退。理由は、リーマンショック等の影響で経済状況が悪くなり、方針転換というような感じだったと思う。それにともない、開発中だったHONDAのスポーツカーNSXも開発凍結になった。

それが、円安等で経済状況が持ち直してきたら、また参戦しますと。だいたいこういったレースに参戦すると、ブランドイメージの向上と言い出す始末。さらに、「何か面白い会社、何かわくわくする会社、そういった雰囲気を持っていきたいと思う。」とHONDAの伊藤社長は言っている。未だにF1のようなトップクラスのレースに参戦することが、ブランドイメージの向上、会社のイメージが変わるという考え方自体が間違っている。

本当にそう思うなら、安易にF1から撤退したり、再度参戦しないでほしい。ブランドってそんな簡単に築かれるものじゃないと思う。ただ、今回のF1参戦で良かったと思う点は、HONDAがフル参戦じゃなくて、エンジンのみの供給という点。正直、今のHONDAに車体を含めたトータルで車を設計できるとは思わない(レースに勝てる車という意味)。エンジンだけは、どの車も無駄によく回るので、得意分野のエンジンの供給のみで、あとはマクラーレンに任せるのは、賢いやり方だと思う。HONDAに車に乗ると分かるけど、ステップワゴンやフィット、軽。まったくスポーツカーではない車も、エンジンの回りが大変良い。いまや販売台数の約半分が軽自動車になった、総合自動車メーカーのHONDA。参戦するからには頑張ってほしいと思う。

by カエレバ

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。