It’s a SONY!スマートフォンに付けられる、レンズ型カメラを発表!

スポンサーリンク

本当に発表されました。8月頃から、SONYがレンズ型カメラを発売するという噂が出ていました。パッと見た瞬間、冗談じゃないだろうかと思いましたが、本当に発売するようです。

SONY、レンズカメラ型サイバーショット「QX10」と「QX100」を正式に発表
実際に撮った写真を見てみたい。

スマートフォンに装着して使うこともできますが、スマートフォント分離して、レンズだけ片手で持って、普通のデジカメではできないような撮り方もできます。この分離して撮影するというのは、このカメラの大きなセールスポイントになるでしょう。

レンズだけでどこまでの写真が撮れるのだろうか?

レンズだけのボディーですが、中にmicro SDカードも入れて、スマートフォンだけではなく、ちゃんとカメラ単体でも記録できるようです。レンズだけでそれだけの機能が入ってしまうことに驚きますが、スマートフォンで高精細の写真が撮れるようになった今、これぐらいの大きさがあれば、そのような機能は搭載できるのかもしれません。

どうやらこのカメラは、RAWデータでは撮影はできないようです。JPEGのみになります。正直ほとんどの人はRAWで撮影していないので、JPEGのみでも問題ないような気もしますが、RAWデータで撮影できなということで、一応RX100M2との差別化はできるかなぁと思います。

バリアングル液晶以上の自由度

レンズだけのカメラです。ファインダーはiPhoneやスマートフォンの液晶で確認することになります。これで撮影の自由度はグッと増すでしょう。これで、RX100M2のバリアングル液晶の利点は、少し薄れてしまったかもしれません。

ただNFCやWi-Fiでカメラとスマートフォンを繋ぐのですが、どうしてもファインダーの画像が遅延しています。これはiPhoneとRX100M2を繋いでも、遅延が発生します。転送速度の問題でしかたがないのでしょう。これでは瞬時に撮影ということができないので、思ったよりスマートフォンの液晶画面をファインダーにして撮影するのはストレスが溜まるのではないかと思います。

RX100M2と同等の性能だとしたらどっちが買い?!

レンズだけ見れば、RX100M2と同じです。ただレンズだけでRX100M2と同じ写真が撮れるのかと言われると、画像処理エンジンによって、撮影した写真の仕上がりが変わってくるので、なんとも言えません。この辺りは、実際に発売されてからのレビュー記事を待ちたいと思います。

結局どっちを買ったらいいのかという声が聞こえてきそうです。僕はRX100M2を進めます。やはりオールインワンで難しいことを考えずにパシャッと撮れるのが、このカメラのいいところだと思います。スマーフォトンに装着したり(装着しなくても撮れますが)、Wi-Fiで繋げたり、以外に面倒くさい作業が撮影の邪魔になるように思います。そういった点からも、僕はRX100M2をオススメします。

しかし、こういった商品を出してくるところから見ても、僕らが待っていたSONYが帰ってきたように思います。これからもとんがった商品の発売を期待します。

【送料無料】【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M2

【送料無料】【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M2
価格:64,780円(税込、送料込)

こちらのページでハンズオン動画を見ることができます。

 

スポンサーリンク





ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。もしよかったら購入してください。アフィリエイト収入として、売り上げの一部が入ってきます。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。