MicrosoftのクラウドサービスOne Driveの容量が30GBに増やせます

スポンサーリンク

AppleのクラウドサービスiCloudが、他社のクラウドサービスのように使えるようになります。それに対抗するためか、他社のクラウドサービスが、軒並みクラウドのストレージ容量を増やしていきています。iPhoneに標準で付いているクラウドサービスですから、圧倒的なユーザー数があります。今までのiCloudは、他社のクラウドサービスとは少し違い、あまりファイルを自由に扱うことができませんでした。しかし、iOS8から始まる新サービス、iCloud Driveになり、今までより自由にファイルを扱うことができるようになります。

先行するライバル各社の危機感の現れでしょうか、クラウドサービスでNo.1のDropboxも、大幅にサービス内容を改定したところです。そして、やや遅れをとるMicrosoftも、置いていかれまいと、大幅にサービスを改善してきました。

無料で15GBから30GB

MicrosoftのクラウドサービスOne Driveは、現在(2014年9月22日)無料で15GBのクラウドストレージ容量をもらうことができます。

無料で15GBでも、かなりありがたいストレージ容量ですが、このたび倍の30GBにすることができるようになりました。

やり方は簡単

カメラアップロードはオンにするだけです。たったこれだけで、One Drive の容量が、15GBから30GBに増量します。

まず、iPhone、iPadにOne Drive のアプリをインストールしてください。

å

インストールしたら、設定からカメラのバックアップをタッチしてください。そこに「カメラ バックアップ」という項目をあありますので、それをオンにしてください。

2014 09 23 15 12 24 2014 09 23 15 13 05

たったこれだけで、One Drive のクラウドストレージ容量が、15GBから30GBに増量します。

一度増量したらカメラアップロードをオフにしてもオッケー

一度容量が増えましたら、設定からカメラアップロードをオフにしても、容量が15GBに戻ることはありません。ただ容量を増やすためだけに、カメラアップロードをオンにして、すぐにオフにしても、One Driveの容量は30GBのままです。

このストレージ容量倍増キャンペーンは、2014年9月30日までとなっています。早めに30GBという巨大なクラウドストレージ容量を確保しておきましょう。
これからマイクロソフトは、クラウドファーストという戦略に乗っ取って、デバイスを問わずに、officeなどが使えるようになっていくと思われます。そのマイクロソフトのクラウドストレージ容量をたくさん確保しておけば、今後役に立つときがくるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。