SONYからもスマートスピーカが発売。LF-S50G、2017年12月9日発売。

3色のLF-S50G
スポンサーリンク

SONYからも、スマートスピーカーが登場です。Googleアシスタントを搭載した、360度スピーカーです。先に発売されているGoogle Homeにない機能として、ジェスチャーによる操作があるようです。

音声操作だけではなく、手でも操作できるに越したことはありません。よい追加点です。

スピーカーユニットを、上向き(フルレンジスピーカー)と下向き(サブウーファー)に分離した「対向配置2ウェイスピーカーシステム」を採用。2ステージディフューザーが360°部屋の隅々まで立体的に音を放射して、室内のどこにいても快適に音楽を楽しむことができます。

あとは、SONYらしい音が聞けるかどうか。製品紹介ページに、こうやって書いてあるということは、それなりに良い音でしょう。

良いところ
– ジェスチャーによる操作ができる
– 音が良さそう
– 時計が表示されている
– 防滴仕様
– NFC搭載、近づけるとスマホとペアリング

悪いところ
– デザインがAppleから発売予定のHomePodに似ている
– 値段が高い

とくに欠点らしい欠点はないので、Google Homeスピーカーの購入を考えていた方は、LF-S50Gの購入をするのもいいでしょう。

最終的な判断材料は、2万5千円の音を聴かせてくれるかどうか。やっぱりSONYですから、最終的には音で判断されるでしょう。

開発者インタビューを読んで、検討してください。

僕のGoogle Homeレビュー記事

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen
3色のLF-S50G

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。