CES2018で魅力的なWindowsノートPCが続々と発表

スポンサーリンク

中古のレッツノートで十分だと言いながら、やっぱり気になる新製品。

アメリカのラスベガスで開催されているCES2018にて、魅力的すぎるノートPCが発表されています。

【イベントレポート】Samsung、筆圧4,096段階対応で1kg切りの軽量2in1「Notebook 9 Pen」 – PC Watch

【イベントレポート】Lenovo、世界初Dolby Vision HDR対応モバイルノート「ThinkPad X1 Carbon」 ~重量1.13kg、Amazon Alexa対応。X1 YogaとTabletも – PC Watch

【イベントレポート】Lenovo、Snapdragon搭載のWindows 10タブレット「Miix 630」 – PC Watch

【イベントレポート】世界最小で4K狭額縁ディスプレイと新色が印象的なDell「新XPS 13」実機レポート – PC Watch

ASUS、重量985gで15時間駆動の第8世代Core搭載13型モバイルノート – PC Watch

【イベントレポート】HP、第7世代Core搭載のAlways Connected PC「HP ENVY x2」 ~Alexa対応ミニデスクトップ「HP Pavilion Wave」も – PC Watch

どのメーカーも、Core i5以上のCPUで、本体重量1kg前後のノートPCが主流です。

今回の発表を見て、Appleは完全にコンピューティングの世界から置いていかれているように思いました。随分と昔に作った貯金を改良して、騙し騙しMacをやっていますが、そろそろ限界じゃないでしょうか。

Macではなく、iPhoneとiPadに力を入れているのかもしれませんが、一番ハイエンドなMacを疎かにしてしまったつけが、iPhoneとiPadにも影響を与えているように思います。

そういったつけが形になったのが、タッチバーです。鳴り物入りで登場したタッチバー付きのMacBook Pro。本来なら、12インチのMacBook、iMac Proにも搭載するべきでしょう。とくにiMac Proは、iMacのハイエンドモデルですから、MacBookのハイエンドモデルに搭載されているタッチバーを搭載しなり理由がわかりません。

無理やりタッチバーを搭載しないところを見ると、おそらくタッチバーは失敗という判断をしたのでしょう。もしそういう判断をしているのなら、今後のMacには多少期待できます。

  • タッチディスプレイのMacBook Pro
  • 重さ1kgのMacBook Pro
  • MacBookを軽くすることで、12インチMacBookの廃止
  • iPad Proにキーボードを同梱して、12インチMacBookの位置に
  • iPad Proだけ、MacのApp Storeのアプリが動くように
  • iPad Proでマウスやトラックパッドが使えるようにする
  • いまだにRetinaディスプレイではない、MacBook Airは即刻廃番に

今のMacは、買い替えたいと思うようなMacが無いせいか、、ずっとMacBook AirやMacBook Proを使っている人がたくさんいます。魅力的なMacBookを発売すれば、もっとMacは売れるはずです。

久しぶりに飛びつきたくなるMacが登場するのを、2018年は期待します。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。

多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。

そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。