ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータに同梱されているコードを変えてみた

スポンサーリンク

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが届いて、数時間ほど楽しませてもらいました。ロックマンと魔界村があまりにも難しいので、そんなのありかよ!と叫びながらプレイしています。

当時のデザインのまま小さくなった本体ですが、本体がコンパクトなわりにはケーブルが太めです。硬くて太いケーブルのせいで取り回しが悪く、本体のコンパクトさを活かせていません。

ちょっとした隙間に本体を置けるように、ファミコン ミニにピッタリなケーブルを購入してきました。

HDMIケーブル

一般的にHDMIケーブルは、太いのが基本です。高精細な映像データだけではなく、音声のデータも送信しているため、太くても仕方がないとは思いますが、もう少し細いほうが取り回しがが良いのは間違いありません。

20161111044524.jpg

 

細いHDMIケーブルがないか探したところ、お値打ちで細いHDMIケーブルをみつけました。

なんの問題もなく、ファミコン ミニのゲームをプレイできます。同梱されているケーブルより取り回しがよくなり、自分の好きな場所にニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを置けるようになりました。

micro USBケーブル

micro USBケーブルは細いケーブルがたくさんありますが、本体に同梱されているものは、HDMIケーブルと同じように太くて硬いケーブルです。

先日購入したOmakerのmicro USBケーブルを使いました。約1,000円で5ほんもmicro USBケーブルが入っているので、まだ使っていないmicro USBケーブルを接続。

ケーブルが細くて取り回しがよくなり、ファミコン ミニの位置を移動させやすくなりました。

別のケーブルを使いましょう

こういった製品に同梱されているケーブルは、ほとんどが太いケーブルと決まっています。コストを下げるために、どうしても安いケーブルにせざるを得ないからです。もう少しお金を出して、最強のファミコンを楽しむ環境を作りましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。