Galaxy Note8にBluetoothイヤホンを接続するとaptXで繋がっていない?!

スポンサー

Android8.0へのバージョンアップが始まったGalaxy Note8。大きな変更点はないのですが、細かいところが色々と変わっています。

Androidではお馴染みの開発者向けオプションという設定項目がありますが、8.0になって新しい項目が追加されました。

Bluetoothイヤホンの接続に関する項目が追加されました。とくに変更する必要はないのですが、Bluetoothイヤホンで音楽を聞いているときに、おかしな点に気付きました。

SBCになっているのです。このBluetoothイヤホンは、aptxで接続出来るイヤホンのはず。

同じイヤホンをXperia XZ1 Compactに接続してみると、しっかりとaptXという表記になりました。

他のBluetoothイヤホンをGalaxy Note8と接続したりしましたが、どうやってもaptXになりません。

Android8.0にしたせいでこうなったのか分かりませんが、Xperia XZ1 Compactと音を聴き比べると、明らかに音質が違います。

この音質の違いは、Bluetoothの転送方式の違いなのは間違いありません。

どうして設定項目の色がグレーになっているのか、随分と悩んで気づきました。

デュアルオーディオ機能がオン

これが原因でした。

デュアルオーディオ機能とは、2つのBluetoothイヤホンを同時に接続して聞ける機能です。

使い方の例としては、カップルが同じ音楽を聞きたいときに、デュアルオーディオ機能を使えば、同じ曲を聞けます。

  • 設定

  • 接続

  • Bluetooth

  • 右上の縦・・・をタッチ

  • デュアルオーディオ
  • オフにする

これでデュアルオーディオ機能がオフになりました。

Bluetoothイヤホンを接続するとaptXになっている

デュアルオーディオ機能をオフにして、開発者の項目からBluetoothを確認してみると、ちゃんとaptXで接続されていました。

デュアルオーディオ機能をオンにしている人は少ないかもしれませんが、もしオンにしている方は、一人で音楽を聞く時はオフにしましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。