電池はiPhoneのほうが長持ちです

スポンサーリンク

iPhoneを使わなくなって1年ぐらいでしょうか。使わなくなった理由は、iPhone6sのデザインが好みじゃない、本体の重量バランスが悪いということです。iPhone6の画面がバキバキに割れている人をよく見ますが、片手で文字を入力しようとして、落としたんじゃないかと思われます。ソフトウェアキーボードが表示されるのが、画面の下3分の1程度です。下3分の1の領域で細々と指を動かしていると、スッと手から落ちてしまうのでしょう。厚めのケースを付けている人は問題ありませんが、ケースを付けていない人のiPhoneは、、、

片手では操作ができない、iPhone6 Plus/6s Plusを購入してしまったほうがいいように思います。

電池はiPhoneのほうが長持ち

Androidスマートフォンだけで過ごしていますが、何も不自由はありません。2年前ぐらいは色々と不自由も感じていましたが、最近は大きな不満はありません。Androidアプリの完成度が格段に上がり、iPhoneの優位性はなくなりました。

しかし、iPhoneのほうが優秀だと思うことがひとつだけあります。それは、電池の持ちです。バッテリーの持続時間に関しては、iPhoneのほうが圧倒的に良いのは間違いありません。カタログ数値上は、Androidスマートフォンのほうが容量の大きいバッテリーを搭載しています。しかし、実際に使ってみるとiPhoneのほうがバッテリーが持ちます。わりと何でもできてしまうAndroidは、アプリの処理が頻繁に行われているせいもありますが、細かいバッテリー管理はiPhoneのほうが優秀です。

初期化してアプリを何もいれずメールの設定などもしていなければ、Androidスマートフォンもほとんどバッテリーは減りませんが、それではスマートフォンの意味がありません。普通の使い方をしたときの比較だと、iPhoneのほうがバッテリーは長持ちです。

噂される小さいiPhoneがほしい

今さら小さい画面のスマートフォンなんてと思いますが、音楽やPodcastを聞いたり、SNSを軽くしたり、スケジュール帳を見ることができれば十分です。常にノートパソコンを持っているので、スマートフォンでWebページをじっくりと見ることもありません。ちょっと使う分には、iPhone5s程度の画面で十分なのです。そうなると、来月登場すると言われているiPhone5seというiPhoneが気になります。AndroidスマートフォンでEARINを使って音楽を聞いていると、みるみるとバッテリーが減っていきます。EARINのバッテリーより、Androidスマートフォンのバッテリーのほうが気になって仕方がありません。

早く小さいiPhoneを購入して、思う存分EARINで音楽を聞きくとが一番の願いです。

レビュー「EARIN」 音楽をもっと自由に。世界を変える革新的な製品の登場

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly