ワイモバイルから出るiPhone5sを買わないほうがいい5つの理由

スポンサーリンク

ついに格安iPhoneが登場です。ワイモバイルからiPhone5sが発売になります。噂の小さいiPhoneが発売かと思ってニュースを見てビックリしたのは僕だけじゃないでしょう。ワイモバイルから発売されるのは、2世代型遅れのiPhone5sだったのです。今さらiPhone5sを3,980円で持つことが出来ると言われても、、、あと1ヶ月もしたら同じ大きさでもっと高性能なiPhoneが出るからです。

iPhone5sと同じ大きさのiPhoneが出るという話は、今の段階では噂でしかありません。噂でしかありませんが、今までのパターンから推測すると、iPhone5seは発売されるでしょう。iPhone5sをソフトバンクじゃなくてワイモバイルが発売することも、iPhone5seが発売されることを裏付けています。新しいiPhoneはソフトバンクからしか売らないということです。今までソフトバンクで販売していたものを、ワイモバイルで売るということは、安いiPhone(かなり型遅れ)はワイモバイルで、最新のiPhoneはソフトバンクというルールを守るのでしょう。

ワイモバイルから出るiPhone5sを買わないほうがいい5つの理由を書きます。

2世代遅れのモッサリiPhone

iPhone5sはサクサクと動いてくれるほうですが、それでも最新のiPhone6sと比べるとモッサリです。近いうちに発表されるというiPhone5seは、最新のiPhone6sと同じCPUを搭載しているという噂です。もし1世代遅れのiPhone6と同じCPUを積んでいても、iPhone5sよりは1.5倍はサクサクと動いてくれます。iPhone5sのCPUは2世代遅れのA7チップです。あと半年もすれば登場するであろう次期iOS(iOS10)のことを考えると、少しでも性能が良いほうがいいでしょう。

SIMフリーじゃない

やっぱりそうきたかという感じですが、ワイモバイルから発売されるiPhone5sにはSIMロックがかかっています。2015年4月以降に発売されるスマートフォンはSIMロックを解除できるようにしないといけません。ワイモバイルから発売されるiPhone5sも解除できるはずですが、iPhone5sは2013年に発売された機種ということで、対象外ということのようです。ソフトバンクの型落ち製品を、ワイモバイルブランドで発売していますが、2015年より前に発売された機種をワイモバイルで発売することで、SIMロックは解除させないという裏ワザを実現しています。

acに対応していない

安くiPhoneを購入したいということは、できるだけwifi環境で使うことを考えているでしょう。せっかくのwifi環境なら、できるだけ高速で通信したいところ。しかしiPhone5sは、802.11a/b/g/nにしか対応していません。最新のacに対応していないため、高速にwifi通信ができません。公共のwifi環境ならacがなくても問題ありませんが、自宅で使うことが多い方は、acに対応しているiPhoneのほうがいいでしょう。噂のiPhone5seはacに対応していると思われます。長い目で見ると、iPhone5seを購入したほうがいいでしょう。

ApplePayに対応していない

指紋認証はありますが、iPhone5sにはApplePayはありません。日本じゃApplePayが使えないので必要ないと思うかもしれませんが、2016年末ぐらいから使えるようになるという噂が出ています。これだけ普及しているiPhoneですから、そろそろ日本でもApplePayが使えるようになるでしょう。Androidスマートフォンのおサイフケータイの利用状況の少なさを考えると、ApplePayが使えるようになっても、あまり利用者する人はいないかもしれません。しかし一度使ってみると、常に持っているスマートフォンでお金が支払えるのはとても便利です。せっかく新しいiPhoneを購入するのなら、ApplePayに対応していたほうがいいでしょう。

決して安くない

毎月3,980円でiPhoneが持てるというのが最大の売りです。しかし冷静に考えてみると、あまり安くないことに気付きます。3,980円を2年間持つと、95,520円になります。95,520円でiPhone5sを使って、毎月1GBのデータ通信が可能になります。これを格安SIMカードで契約したらどうなるでしょうか。

今話題のイオンモバイルで契約したとしましょう。1GBのデータ通信と音声通話ができるプランですと、毎月1,280円になります。1,280円を24でかけると30,720円。95,520円-30,720円で64,800円になります。毎月の通信費を差し引くと、端末代に64,800円使うことができます。まだiPhone5seの価格が分かりませんが、iPhone5sに近い価格だと言われています。今さらワイモバイルがiPhone5sを発売するということは、iPhone5sよりは少し高くなるのかもしれません。iPhone5sとiPhone6の中間ぐらいの価格と仮定すると、65,800円ぐらいになります。ほぼワイモバイルのiPhone5sを2年間持ったのと同じ金額です。若干手間はかかりますが、Apple Storeで販売されるSIMロックのかかっていないiPhone5seと、格安SIMカードを購入したほうがいいのは明らかです。

ワイモバイルの店舗に行けば、その場でiPhoneを持ち帰ることができる良さはありますが、今さら2世代遅れのiPhoneを手に入れることはオススメできません。多少手間がかかってもiPhone5seと格安SIMカードを契約しましょう。

## 3,980円でiPhoneを持てるが、、、
そもそもiPhoneが高すぎるので、こういったことが起こります。iPhoneが3,980円で持てるけど、2世代遅れのiPhoneということを分かった上で契約しましょう。あと1年もしたら、かなりモッサリしてストレスのたまるiPhoneになっているでしょう。それよりは、1年経ってもサクサクと動くiPhone5seを購入したほうがいいはずです。

4月になってもiPhone5seが発表されていなければ、ワイモバイルから発売されるiPhone5sを契約してもいいとは思いますが、少し冷静に考えたほうがいいでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly