自分のアカウントでログインできてピクチャー・イン・ピクチャーができるアプリ「EverTube」を紹介

スポンサーリンク

image
今日もiPadProからこんにちは。MacBook12インチのマイナーチェンジモデルが発表されましたが、iPad Proを購入したほうがいいでしょう。20%ほど性能が向上しているようですが、最低でもMacBook Airレベルの処理性能はほしいところ。Core Mを搭載した端末ではなく、Core i5以上のプロセッサーを搭載したMacBookの登場を待ったほうがいいでしょう。

12インチMacBookの中途半端さとは正反対に、完成系の端末が9.7インチiPad Proです。パソコンとは違うOSを搭載しているので、何かと困ることもあります。困ってしまうことはパソコンに任せて、9.7インチiPad Proで出来ることを見つけていきましょう。そのうちに、MacBookがなくても何とかなるのを実感できるでしょう。そして、今まで以上に素晴らしい毎日を過ごすことができるはずです。

動画を見ながら仕事をしたい

9.7インチiPad Proの機能のひとつに、ピクチャー・イン・ピクチャーという機能があります。この機能を簡単に説明すると、動画を見ながら他のアプリを使える機能です。非常に便利な機能ですが、公式YouTubeアプリがこの機能に対応していません。iPadはアプリが対応していないと、ハードウェアやOSの機能を使うことができません。現時点では公式YouTubeアプリが対応していないため、公式YouTubeアプリを使うと、動画の再生が止まってしまいます。ピクチャー・イン・ピクチャーには対応していませんが、Spirit Viewには対応しました。右端から指をスワイプさせると、画面を分割してアプリを使うことができます。左に文章作成アプリ、右にYouTubeという状態で、動画を見ながら仕事ができますが、動画だけのために右側のエリアを使ってしまうのはどうでしょうか。iPadの限られたスペースを使うためにも、動画の映像だけを使っているアプリの上に表示させたいところです。

他のYouTubeアプリでピクチャー・イン・ピクチャーできるアプリもありますが、ほとんどのアプリがYouTubeアカウント(Googleのアカウント)でログインすることができません。自分のYouTubeアカウントでログインできれば、チャンネル登録してある動画、自分で作ったプレイリストを参照することができます。何かと便利になるので、自分のYouTubeアカウントでログインしたいところです。

色々と探して見つけました。自分のYouTubeアカウントでログインでき、ピクチャー・イン・ピクチャーを使えるYouTubeアプリを。

YouTubeアカウントでログインしてピクチャー・イン・ピクチャーを使えるEverTube

「EverTube」というアプリです。このアプリを使えば、iPadでYouTubeを見ながら仕事をすることができるようになります。自分のYouTubeアカウントでログインできるので、チャンネル登録をしてある動画の再生も簡単にです。アプリの完成度も高いので、快適なYouTubeライフを提供してくれます。

image

iPad mini4では画面が小さすぎて見づらいピクチャー・イン・ピクチャーも、9.7インチiPad Proなら問題ありません。Spirit Viewで2つのアプリを同時に使った状態でピクチャー・イン・ピクチャーを使うこともできます。これをiPad mini4で行うと、本体性能が足りないため、かなりもたつきます。しかし、9.7インチiPad Proの高い処理性能なら快適です。

Spirit Viewにピクチャー・イン・ピクチャーを使えば、パソコンにも負けないマルチタスクを実現できます。こういった機能に対応しているアプリを使い、快適なiPad Pro Lifeを実現させましょう。

PS:EverTubeはSpirit View機能も使うことができます。iPadの機能に対応しているおかげで、公式YouTubeアプリよりオススメです。

image

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly