NEC、富士通の2014年秋冬モデルからもCore M搭載ノートPCは出るか?

スポンサーリンク

先日Panasonicが発表しました、「Let’s NOTE RZ4」。Intelの新しいCPU「Broadwell」を搭載し、本体重量745gという、夢のようなノートPCです。

「Let’s NOTE RZ4」がすごいのは、ただのノートPCではなく、液晶画面が回転し、タブレットのように使えるのに、本体重量が745gということです。本体が重くなりそうな機構を使いながら、745gという重さは、ただただ驚くしかありません。

しかし、「Let’s NOTE RZ4」にも残念な点があります。それは、メモリーを8GBにしようとすると、値段が20万をオーバーしてしまうということです。メモリー8GBのモデルにすると、SSDは256GBになり、さらにはOfficeまで付いてきます。これだけ仕様が良くなりますと、値段が一気に跳ね上がるの仕方がありません。

あまりに値段が高いため、「Let’s NOTE RZ4」のメモリーを4GBにしたらいいのか、妥協せずに8GBにしたほうがいいのか悩んでいましたが、よく考えてみると、まだ他にもCore M を搭載した軽量ノートPCが発売される可能性がありました。

パソコンを発売している日本の会社はPanasonicだけではなく、富士通、NEC、東芝もパソコンを発売しています。これらの会社は、2014年の秋冬モデルをまだ発表していません。例年の秋冬モデルの発表日を見てみると、10月中旬から下旬に発表しています。今年は新しいOfficeの販売形態がスタートする関係で、例年より少しだけ早く秋冬モデルが発表されるかもしれません。もしかしたら、今週あたりに、NECと富士通から2014年の秋冬モデルが発表されるかもしれません。

すでに795gのノートPCを発売しているNECに期待

とくに期待したいのは、すでに795gという重さを実現しているNECです。重さ795gの「Lavie Z」は、1年ほど新製品が発売されていません。どう考えても、2014年の秋冬モデルでニューモデルが発売されると予想できます。もともと軽さを売りにしていた「Lavie Z」ですから、Core Mを搭載することで、700gを下回るノートPCを発表するのではないでしょうか。

ここ2週間ほどで発表されるノートPCを見てから、購入するべきノートPCを考えたいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly