Windowsタブレットは Bay Trail の在庫処分をしているのだろうか

スポンサーリンク

次から次に格安のWindowsタブレットが発売になります。先日発表されたASUSのWindowsタブレットは、店頭予想価格4万円を切っています。ただ安いだけではなく、ちゃんと 「Office Home and Business 2013」も付いています。これで4万を切ってくるとなると、Office専用機として購入するのもアリじゃないでしょうか。ストレージが32GBしかないのが不安ですが、Office専用機と割り切って、クラウドサービスをうまく使えば充分じゃないでしょうか。ストレージの容量は少なめですが、本体重量が330gですから、Office専用機として鞄に入れておくのも悪くありません。

ここまで値段を安くすることができたのは、OSに Windows 8.1 with Bingという、無量のOSだからです。無料とは言っても、普通の Windows 8.1とほぼ同じです。Windows OS搭載機で、Officeも付いていて4万を切るのは、かなりの衝撃価格です。

来年の新型チップセットに備えた在庫処分か

来年には Cherry Trailという、Windowsタブレットに搭載されるであろうチップセットが登場します。本来なら、この年末商戦に登場する予定でしたが、いつの間にか来年に延期になっていました。 Bay TrailでもOfficeを使う分には不足のない性能ですが、Cherry Trailはクアッドコアになり、さらに性能が上がると言われています。

年が明けて Cherry Trailを搭載したWindowsタブレットが登場すると、価格が少し上がり、5万前後になると思います。Office用途以外にも使いたい方には、 Cherry Trailの搭載を待ったほうが良いと思いますが、大半の方は 現行のBay Trailで問題ないでしょう。画質を調整すれば、それなりにWindowsのゲームも動きますし、値段以上に使えるタブレットになるでしょう。

この年末商戦は、やや本命不在になっています。年明けからインテルの新しいチップセットを搭載したパソコンやタブレットが続々登場するでしょう。この年末商戦は、やや在庫処分的な現行機種をお値打ちに購入しましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly