ソフトバンクが「ホワイトプラン」の受付を継続。終了時期未定。

スポンサーリンク

11月30日で新規受付終了予定だったソフトバンクの「ホワイトプラン」が、12月1日以降も契約できるようになりました。当初の予定では、11月30日終了予定でした。

これでauとソフトバンクの2社のみ、旧料金プランでの契約が可能という状況になりました。スマートフォンの料金プランは、ドコモが先手を切った通話し放題(カケホーダイ)に、auとソフトバンクが追随するという形になりました。

2社が追随してきて完全に横並びになったかと思いましたが、新料金プランの評判が悪かったため、旧料金プランで契約できるauとソフトバンクにユーザーが流れていました。

ソフトバンク、「ホワイトプラン」の受付継続へ – ケータイ Watch
ドコモはどうする。

新料金プランの何が問題なのか

今年始まった新料金プランの何が問題なのでしょうか。それは、ほとんど通話をしなくなってきたときに、通話定額を強制させて、実質的な値上げをしているからです。

LINEやSNSの普及により、数年前より電話をすることが減っています。今の20代の方たちは、30代以上の僕らが思っている以上に通話をしていないのではないでしょうか。通話をするとしてもIP電話的なものを使い、音声回線を使っていないと思われます。

音声通話をしてしまうと、とにかくお金がかかります。声で話さなくてもコミュニケーションが取れるようになり、音声通話をすることがどんどん減っています。需要が減ってきているものを定額制にし、どれだけ使っても定額にするには、従量制より料金は高めになります。

ユーザーはより快適なデータ通信をしたいのに、ユーザーの声を無視して通話定額制を始めてしまったのが、ドコモの一人負けという状況を招いてしまいました。

どうするドコモ

あまりに旧料金プランでの契約が多いため、auとソフトバンクは、旧料金プランでの契約を当分続けるでしょう。対するドコモは、新料金プランで契約しないと、月々サポート(端末代の値引き)を無くすという暴挙を行いました。既存ユーザーに、ドコモと契約し続けるには、通話定額が絶対だということを示しました。これが反感を買い、嫌気が差したユーザーが、auとソフトバンクに流れていきました。

ドコモ“一人負け”で3位転落へ 新料金プランで減収減益 携帯3社の中間決算出そろう (1/2) – ITmedia ニュース
今更変更はできないし、、、

一気に事を進めてしまったのが裏目に出てしまいました。今更、旧料金プランでの契約を再開しますとも言えませんし、非常に難しい状況になってしまいました。

来年の春ごろに始める予定の、光回線とのセット割引を起爆剤にしたいようですが、現状の話し放題の割高の料金プランが前提になっているため、どう考えても起爆剤にならないと思います。

ドコモからiPhone、通話定額、行う施策がすべて裏目に出ているドコモ。今後も一人負けが続く可能性が高いと思うのですが、、、ドコモがどうでるか注目しましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly